• ホーム
  • 芸能
  • 時任三郎、また「にんざぶろう」に間違えられボヤキ 番組から謝罪も

時任三郎、また「にんざぶろう」に間違えられボヤキ 番組から謝罪も

 俳優の時任三郎(59)が15日、自身のツイッターを更新。仕事中、名前を「にんざぶろう」と間違えられたことを明かしボヤいた。

 時任は名前を「にんざぶろう」とたびたび間違えられることが昔からネタにされている。三谷幸喜氏がここから「古畑任三郎」の名を着想したというエピソードもよく知られている。

 ツイッターでは、文化放送『くにまるジャパン』(月〜金 前9:00)の打ち合わせ資料に「時 任三郎様」とふせんが貼られた写真をアップし「生放送の打ち合わせ中。資料の付箋(ふせん)がちょっと気になるけど、まあ、楽しくやろう 笑」と、ボヤきつつもベテランの余裕をみせた。このツイートを受け、番組側も「大変申し訳ございません…」と公式ツイッターで謝罪している。

 時任のアカウントにはツイッターユーザーから「三谷幸喜さんのしわざ」「まずは名前を覚えてもらうところから始めましょう」など多くのリプライが寄せられ、なじみのネタでひとしきりイジられていた。13日に最終回を迎えた日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』で主演・高畑充希の父親役として出演していたことから「カホコを見るまで、とき ニンザブロウかと思ってました」という告白もみられた。



オリコントピックス