• ホーム
  • 映画
  • 木村多江、“薄幸役”に本音「毎回苦しい」

木村多江、“薄幸役”に本音「毎回苦しい」

 女優の木村多江が16日、都内で行われた映画『望郷』初日舞台あいさつに出席。古いしきたりを重んじる母親を演じた木村は「台本を読んで、私の役が重いって思いました。これは絶対に演じると苦しいなって。幸薄い役をたくさんやらせていただくのですが、毎回苦しいんです」と打ち明けた。

【写真】その他の写真を見る


 演じたのは、古いしきたりに縛られ、窮屈な生活を送る主人公・夢都子(貫地谷しほり)の母親役。「演じるには自分を削って苦しい時間を過ごさないといけないので、一歩踏み出すのにものすごく勇気がいる」とオファーを受けた当時の心境を語り、「でもいい本だし、しほりちゃんが娘だし、やってみようって覚悟を決めて臨みました」と振り返った。

 娘役の貫地谷とメッセージを送り合うことになると、じーっと目を見つめながら「好き」と一言。「現場で初めてお会いして大好きになりました。一生懸命もがいていて、でもひたむきな姿って美しいなって思いました。これからも応援していきたい」とコメント。うれしそうに聞いていた貫地谷は「感謝」と返し、「私が役に入り込めないシーンがあったとき、何度も付き合ってくださった。いつも、私の心に届くようにすばらしいお芝居をしてくださいました」と木村を称えた。

 同作は、『告白』『白ゆき姫殺人事件』で知られる湊かなえ氏の小説『望郷』より、「夢の国」と「光の航路」を映画化。ある島で暮らす主婦と、その島に戻ってきた中学校教師を軸に、2組の親子の過去と未来が描かれる。そのほか、大東駿介緒形直人、菊池健雄監督が出席した。



関連写真

  • 映画『望郷』初日舞台あいさつに登壇した木村多江 (C)ORICON NewS inc.
  • 主演の貫地谷しほり (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)木村多江、貫地谷しほり、大東俊介、緒形直人、菊地健雄監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望郷』初日舞台あいさつに登壇した大東駿介(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望郷』初日舞台あいさつに登壇した木村多江 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望郷』初日舞台あいさつに登壇した緒形直人 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス