• ホーム
  • 芸能
  • 佐久間由衣、朝ドラに続き連ドラ出演 新火9ドラマ『明日の約束』

佐久間由衣、朝ドラに続き連ドラ出演 新火9ドラマ『明日の約束』

 NHKで放送中の連続テレビ小説『ひよっこ』(月〜土 前8:00 総合ほか)で、ヒロインの幼なじみの助川時子を演じている佐久間由衣(22)が、10月17日スタートの関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00)に出演することが決定した。

 同ドラマは井上真央演じる主人公のスクールカウンセラー・藍沢日向が、突然に不可解な死を遂げた男子高生・吉岡圭吾の謎を追うオリジナルのヒューマンミステリー。佐久間は圭吾の幼なじみ・白井香澄(しらいしかすみ)を演じる。

 香澄は、圭吾が通う高校を2年前に中退。現在はダンスサークルに所属しながら、スーパーマーケットでアルバイトをしている。中退後も、圭吾とは連絡を取り合っていて、誰も知らない彼の秘密も知っている。圭吾の死の原因をも知るかもしれない、物語の鍵を握る人物となる。

 佐久間は「パワーとインパクトがある作品に出演のお話を頂けて、すごくうれしかったです」と喜び、自身演じる白井香澄について「表には出さないようにしているけれど、とても繊細で、色んなことを感じているのだと思います。私も自分の心と向き合いながら、一瞬一瞬の感情を大事にしながら、そしてスタッフさんと相談しながら、丁寧に香澄を演じられたらと思っています。ぜひご覧ください」と呼びかけている。

 すでに発表されているが、吉岡圭吾役には遠藤健慎、圭吾の母・吉岡真紀子に仲間由紀恵、日向の最大の理解者にもなり、圭吾の死の真相究明に向けて“相棒”的存在となる圭吾の担任・霧島直樹役に及川光博、サラリーマンで日向の恋人として彼女を支えながらも自身も家族について悩みを抱える本庄和彦に工藤阿須加、“空気が読めない存在“と疎んじられる日向を応援する2年A組の教師・北見雄二郎役に白洲迅、日向に恋人の相談をするなど何かと相談室に駆け込む臨時教員・大宮奈緒役に新川優愛



オリコントピックス