• ホーム
  • 芸能
  • 漫☆画太郎、22年ぶり『ジャンプ』新連載が3ページで打ち切り…もアプリで開始

漫☆画太郎、22年ぶり『ジャンプ』新連載が3ページで打ち切り…もアプリで開始

 熱狂的なファンから支持される『珍遊記』『地獄甲子園』を手掛けた漫☆画太郎氏が、22年ぶりとなる『週刊少年ジャンプ』(集英社)の新連載『珍ピース』が、16日発売の同42号(集英社)からスタートした。しかし、編集部の手違いで“ボツ原稿”が掲載されたため、冒頭3ページで打ち切りに。編集部による「お詫び」も掲載されたが、3ページでの打ち切りは同誌史上最速記録となった。

【写真】その他の写真を見る


 お詫び文では『漫☆画太郎先生の次回作にご期待ください』と締めくくられたが、同時に漫☆画太郎氏の新連載(タイトル未定)が25日より、同誌公式アプリ『少年ジャンプ+』でスタートすることも発表された。

 また、16日から連載開始までの間、同アプリにて漫☆画太郎氏の過去の読み切り作品を無料で毎日カウントダウンすることも決定。伝説の作品が、ウェブ上で鮮やかによみがえる。



関連写真

  • 漫☆画太郎の22年ぶり『週刊少年ジャンプ』新連載『珍ピース』は3ページで終了… (C)漫☆画太郎/集英社
  • ジャンプ編集部によるお詫び&新連載の告知 (C)漫☆画太郎/集英社
  • わずか3ページで終了した漫☆画太郎の新連載『珍ピース』 (C)漫☆画太郎/集英社

オリコントピックス