• ホーム
  • 芸能
  • 杏『世界遺産』新ナレーター就任「魅力を最大限に引き出せるように」

杏『世界遺産』新ナレーター就任「魅力を最大限に引き出せるように」

 女優のが、10月からリニューアルするTBS系『世界遺産』(毎週日曜 後6:00)の新ナレーションを務めることが18日、わかった。22年の番組の歴史の中で、女優の深津絵里(2010〜14年担当)続き2人目の女性ナレーターに抜てきされ、「主役はあくまでも世界遺産ですので、あまり邪魔にならない、かつ、世界遺産の魅力を最大限に引き出せるようなナレーションを目指しています」と意気込んでいる。

【写真】その他の写真を見る


 初ナレーションを終え「収録中も、番組をより良くするためにその場で文言をどんどん変えていて、とてもじっくり丁寧に作られている番組だと感じました」と現場の雰囲気を感じた杏は、初めて見る地名が出てきたときのイントネーションや区切りに注意しながら「『角がない感じ』と『わかりやすさ』を両立させたい」と目標を語った。

 トップモデルの経験から、これまでにミラノやパリなどの街中にある世界遺産に多数訪れた経験があるが、最も印象に残っているのは友人3人と訪れた「(フランス)のモン・サン・ミッシェルですね」と紹介。今後訪れたい世界遺産として「マチュピチュに行ってみたいですね。あとは、ナスカとか、ヴェネツィアとかも行ってみたいです」と明かした。

 音楽もリニューアルされ、数々の映画やドラマ・CMなどの音楽を手がける大橋トリオが新たに担当することに。番組からの“ファミリー感・明るく色彩のある楽器編成・ポップスさ”というオーダーをまとめるのに時間がかかったというが、「“音楽で世界を平和にしたい”という私の大テーマと共通するところもあり、ある意味今までと変わらない大橋トリオとしてのポップミュージックを作るように心がけました」とコメントを寄せた。

 リニューアルは10月1日から。初回と翌週回では「紀伊山地の霊場と参詣道」を2週にわたって放送する。



関連写真

  • TBS『世界遺産』の8代目ナレーターを担当する杏
  • TBS『世界遺産』の音楽を担当する大橋トリオ
  • 大峯奥駈修行=TBS『世界遺産』
  • 那智の滝・大しめ縄の張り替え=TBS『世界遺産』
  • TBS『世界遺産』の8代目ナレーターを担当する杏
タグ

オリコントピックス