• ホーム
  • 芸能
  • 溝端淳平、ウエディング姿の栗山千明を大絶賛「女神様のよう」

溝端淳平、ウエディング姿の栗山千明を大絶賛「女神様のよう」

 俳優・溝端淳平が14日、東京・シアタークリエで舞台『ミッドナイト・イン・バリ〜史上最悪の結婚前夜〜』のゲネプロ前囲み取材に参加。ドレス姿になった栗山千明を「女神様」と表現し、ベタ褒めした。

【写真】その他の写真を見る


 同舞台は結婚式を翌日に控えたカップルの加賀美幸子(栗山)と小暮治(溝端)が、バリ島で式をあげるためコテージに宿泊しているが、外は暴風雨となり、幸子の不満が噴出して…というあらすじ。

 劇中衣装のウエディングドレス姿で登場した栗山に溝端は「裏でみんなで言っていたんですけど女神様のようだな。とても美しいと思う」と大絶賛。浅田美代子も「キレイでかわいくていいですね。ホントに似合っている」と褒め、中村雅俊も「見てるともう1回、結婚したくなってくる」とコメントした。

 そんな褒め言葉をばかりを並べられた栗山だったが「最近、役柄で着せていただくことが多い」と明かし「また婚期が遅れるな…」と“結婚前にウエディング ドレスを着ると婚期が遅れる”という芸能界のジンクスを気にしながら、ぽつり。それでも最後は「覚悟してます!」ときっぱり言い切り、報道陣を笑わせていた。

 また、脚本は放送中の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)を手がける岡田惠和氏。岡田氏は早口でまくし立てるようなせりふが多い脚本を書き、深川栄洋氏が演出を務める。深川氏は「ホントに大変な台本。せりふ量が膨大なので。ただ、もっと慌てさせてあげたいなと。事件や事故が起きないかなと」といたずらっぽく笑った。浅田は「ホントに勇気がある」とグチると中村は「事故が起きるんじゃないですか」と勝手に宣言して笑わせた。

 会見は終始、穏やかなムードで進行。互いにエピソードを出し合うなど4人の仲の良さが伝わった。もめることはなかったのかという直球質問にも中村は「もうこの時期、もめてないでしょ」と一笑。続けて「もめたこともないですよ」と断言し、浅田も「年長が雅俊さんなんで、すごく優しい。雰囲気をよくしていただいた。怖い人もいないんでね」と順風満帆で初日を迎えることを宣言していた。

 同舞台は15日からの東京・日比谷のシアタークリエ(29日まで)を皮切りに全国ツアーを行う。溝端は「日常にある話をコミカルにスピーディーに仕上げている。濃密な作品になっている」とアピールしていた。



関連写真

  • 栗山千明のドレス姿を“女神様”と絶賛した溝端淳平(左) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)深川栄洋氏、溝端淳平、栗山千明、浅田美代子、中村雅俊(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)溝端淳平、栗山千明 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ミッドナイト・イン・バリ〜史上最悪の結婚前夜〜』のゲネプロ前囲み取材に参加した栗山千明 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ミッドナイト・イン・バリ〜史上最悪の結婚前夜〜』のゲネプロ前囲み取材に参加した溝端淳平 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ミッドナイト・イン・バリ〜史上最悪の結婚前夜〜』のゲネプロ前囲み取材に参加した中村雅俊 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ミッドナイト・イン・バリ〜史上最悪の結婚前夜〜』のゲネプロ前囲み取材に参加した浅田美代子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス