• ホーム
  • 芸能
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』映画監督・押井守×声優・田中敦子対談

『ゴースト・イン・ザ・シェル』映画監督・押井守×声優・田中敦子対談

 日本では4月に劇場公開された映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』。8月23日にBlu-ray&DVDがリリースされ、そのプロモーションで9年ぶりに再会したという映画監督の押井守氏と声優の田中敦子に話を聞いた。

【写真】その他の写真を見る


 士郎正宗氏原作の漫画『攻殻機動隊』を米ハリウッドで実写映画化した本作。押井監督は1995年に同じ漫画を原作にアニメ映画『GHOST IN THE SHELL/ 攻殻機動隊』をヒットさせ、この時、主人公の草薙素子(ハリウッド版では少佐)の声を担当したのが田中だった。

■ハリウッド版は「スカーレットがすべて」

――ハリウッド版『ゴースト・イン・ザ・シェル』はいかがでしたか?

【押井監督】僕はハリウッド版の撮影現場の見学までしているんですよ。自分の作品以外の現場に行くなんて、疎外感を味わうだけだし、嫌だったんだけど、スカーレット・ヨハンソンに会える、という誘い文句に乗ってしまった(笑)。でも、行ってみたら面白くて、けっこう楽しんた。ハリウッド版は日本と比べものにならないくらい規模が大きい現場で、疎外感どころの騒ぎじゃなかったし、スカーレットに籠絡された(笑)。完成した映画を初めて観た時も、スカーレットしか観ていなかったんじゃないかな。それで満足してしまった(笑)。

 そもそも情報量が多い映画なので、一度の鑑賞で全体の3割しか見ていないと思うから、劇場公開時にはいろんなもの見逃しているはず。Blu-ray&DVDでディテールを見つけ出す面白さがある作品だと思う。もし3Dモニターを持っているなら、3D Blu-ray版がおすすめ。劇場で3D版も観たんだけど、ちょっとびっくりした。アニメも実写もへちまもない。CGの世界と実写がシームレスでつながっている、全く別の映像体験だった。

――田中さんは『攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D』以来、6年ぶりに素子(少佐)を演じていかがでしたか?

【田中】ハリウッドはやはりすごいものを作るなぁ、と圧倒されるばかりでした。ルパート・サンダース監督の押井監督へのリスペクトと愛が詰まった作品でしたので、吹き替えで参加できて、うれしかったです。

■草薙素子はみんなの理想のキャラクター

――原作の連載が開始されたのが1989年。押井監督によるアニメ映画化から22年も経っているんですが、『攻殻機動隊』が長きにわたって人気が続く理由はなんだと思いますか?

【押井監督】それは僕も不思議だと思っている。あの頃は自分で仕事を選べる立場でも状況でもなかったし、与えられた企画はやるしかなかった。オファーされてはじめて仕事になる。だから、こんなに続くとは、当時想像すらしていなかった。

 士郎さんの原作あってのことだし、ハリウッド版のルパートを含めて、『攻殻機動隊』の映像作品の監督は4人いるんだけど(ほかに神山健治氏、黄瀬和哉氏)、最初に映像化したのが僕だったので、後の作品に何かしら影響を与えてしまっているのはわかるけど、僕の中に答えがあるわけじゃない。正直、僕が一番わからない。

 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を手掛けることになって、僕は草薙素子をこういう人がいたらいいな、という理想として描こうと思ったんだけど、最初は誰も喜ばなかったんだよ(笑)。かわいくないし、マッチョだし、原作に比べて胸小さいし。「騙された」「失望した」と言われたくらいなんだから(笑)。

【田中】監督が“理想”とおっしゃったように、素子みたいな上司や先輩がいたらいいのに、と思う人は男性にも女性にも多いと聞きます。私もそう思います。

【押井監督】素子みたいな妹がほしいとは思わないよね(笑)。母親でもないし、恋人としても微妙。そもそも男を必要としていないし。僕が考えていたのは男の目線を意識しない女。アニメのヒロインにはあまりいないキャラクター。映画公開時は女性の反応が悪くなかった印象もありますね。

【田中】素子の媚びないキャラクターは、当時から珍しいと思っていました。女性からも支持されているところが、人気の一つの要因なのかもしれないですね。

【押井監督】確か、『東スポ映画大賞』で草薙素子が主演女優賞を獲ったんだよね。当時もビートたけしさんらしい、目のつけどころだなと思っていたけど、今回のハリウッド版に荒巻役として出演しているでしょう。あの時から縁があったんだな、と思いました。

【田中】当時の新聞記事まだ持っていますよ。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 映画監督の押井守氏と声優の田中敦子がハリウッド版『ゴースト・イン・ザ・シェル』PR (C)ORICON NewS inc.
  • 1995年に公開されたアニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、2004年公開のアニメ映画『イノセンス』を手掛けた押井守監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 草薙素子の声といえば、声優の田中敦子。ハリウッド版『ゴースト・イン・ザ・シェル』でもスカーレット・ヨハンソンの日本語吹き替えを務めた (C)ORICON NewS inc.
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』&『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』Blu-rayツインパック+ボーナスブルーレイセット(C)2017 Paramount Pictures and StorytellDistribution Co., LLC. AllRights Reserved.(C)1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』&『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』Blu-rayツインパック+ボーナスブルーレイセット(C)2017 Paramount Pictures and StorytellDistribution Co., LLC. AllRights Reserved.(C)1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
  • 『GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊』シーンカット(C)1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』シーンカット(C)2017 Paramount Pictures and StorytellDistribution Co., LLC. AllRights Reserved.

オリコントピックス