• ホーム
  • 芸能
  • 赤ちゃんパンダ、犬歯が生えてきたことを確認 母親の健康状態も良好

赤ちゃんパンダ、犬歯が生えてきたことを確認 母親の健康状態も良好

 東京・上野動物園で生まれたジャイアントパンダの子ども(メス・90日齢)の11回目の身体検査が9月10日に行われ、上下左右の犬歯が生えてきたことが確認された。

【写真】その他の写真を見る


 現在の体重は5.4キロ(8月31日計測時4493グラムより約900グラム増加)、体長は62.4センチ(8月31日計測時55.5センチより6.9センチ増加)と、順調に成長中。同園によると、四肢の力は一層強くなっているものの、しっかり立ち上がるまでには至っておらず、目はまだ完全には見えていないようだが、目の前のものはある程度認識している様子、とのこと。

 なお、母親シンシンの出産後、初となる体重測定も今月5日に行い、123.6キロだったという(6月5日計測時より0.2キロ増加)。シンシンはジャイアントパンダ舎の室内で一日中、子どもとともに過ごしており、子どもの体を舐めたり、授乳をしたり、排泄促進をしたりするなどの世話を行っている。その他の時間は、休息と採食を繰り返しているという。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 上野動物園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん(90日齢)と母親のシンシン(公財)東京動物園協会
  • 上下左右の犬歯が生えてきたことを確認(公財)東京動物園協会
  • 上野動物園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん(90日齢)(公財)東京動物園協会
  • 上野動物園にいるジャイアントパンダ「シンシン」(公財)東京動物園協会
タグ

オリコントピックス