• ホーム
  • 芸能
  • 古畑星夏『コウノドリ』新レギュラー NICU看護師の役作りで帝王切開も勉強

古畑星夏『コウノドリ』新レギュラー NICU看護師の役作りで帝王切開も勉強

 女優・モデルの古畑星夏が、10月13日スタートのTBS系ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜 後10:00※初回は15分拡大)の新レギュラーとして出演することが決定した。ペルソナ総合医療センターのNICU(新生児集中治療室)で働く4年目の看護師・麻生理佐子を演じる。

 本作は、講談社『モーニング』で連載中の鈴ノ木ユウ氏の同名ヒューマン医療漫画が原作で、2015年10月期にドラマ化され、今回が続編。主人公・鴻鳥サクラ役の綾野剛をはじめ、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋ら前作のキャストが引き続き出演する。

 古畑は「看護師役もNICUという場所も初めてで、役をいただいてからいろいろ勉強させていただいたのですが、ものすごくやりがいを感じ、ありがたいなと思いました」と意気込み。参考として帝王切開のドキュメンタリーDVDを見たそうで、「赤ちゃんが生まれる瞬間を初めて自分で見て、なんて神秘的なんだろう、お母さん、赤ちゃんって強いなとものすごく感動しました」と、気分はすっかり看護師になっている。

 峠田浩プロデューサーは「前回のシリーズではNICUで一番赤ちゃんと寄り添い続ける看護師さんを描ききれなかったことがあり、今回どうしてもそこを描きたくて、新たに作った役です」と説明。「古畑さんが麻生という役を通して、様々な現実と向き合う中で、どのような感情や表情を見せてくれるのか、本当に楽しみです」と期待を寄せている。



関連写真

  • TBS金曜ドラマ『コウノドリ』で初めて看護師役に挑戦する古畑星夏 (C)TBS
  • TBS金曜ドラマ『コウノドリ』で初めて看護師役に挑戦する古畑星夏 (C)TBS

オリコントピックス