• ホーム
  • 音楽
  • 山本彩、2役&キスシーンも ソロ新曲「JOKER」MV公開

山本彩、2役&キスシーンも ソロ新曲「JOKER」MV公開

 NMB48山本彩のソロ第2弾アルバム『identity』(10月4日発売)のリード曲「JOKER」のミュージックビデオ(MV)が公開され、山本が2役を演じ、キスシーンにも挑戦していることが11日、わかった。

 MVの舞台は荒廃した屋敷のダイニングルーム。食事や食器、トランプなどが散乱したテーブルの端からミニチュア化した男装の山本が、反対側からは赤を基調とした衣装の山本が、お互いにギターを弾きながらテーブルの中央に向かって歩いて行く。

 トランプタワーやワイングラスなどが風で吹き飛ぶなか、2人の山本彩は真ん中にたどり着くが、朽ち果てたテーブルは崖のように2人を阻む。意を決した2人は、ギターを置いてジャンプ。空中で抱き合った2人がキスをしながら落下していくと、ハートの“クイーン”のカードに“JOKER”のカードがはらりと重なり合う。

 何もかもすべてを“浄化”してくれる“君”とのことを歌った同曲の作詞は山本といしわたり淳治氏、作曲は山本、編曲は亀田誠治氏が担当。MVのクリエイティブ・ディレクターは澤本嘉光氏、ディレクターは萩原健太郎氏が務めた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス