• ホーム
  • 芸能
  • 吉本実憂、初の“金髪”不良スタイル解禁「気持ちが改めて入りました」

吉本実憂、初の“金髪”不良スタイル解禁「気持ちが改めて入りました」

 女優の吉本実憂(20)が10月7日から放送される東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ、オトナの土ドラ『さくらの親子丼』(毎週土曜 後11:40)で演じる二宮あざみの一部髪を金に染めた“不良スタイル”を解禁した。これまでの黒髪イメージを一新させた吉本は「シンプルに『わ、金色だ』と思いました。クランクインの前日に染めたので、役作りは自分なりにしていたのですが、形から入るという言葉もあるように髪を染めた時に、『よし、あざみとして頑張ろう」という気持ちが改めて入りました」と気合十分に語った。

 吉本が演じた二宮あざみは、古本屋の一室で親子丼をただで振る舞う主人公・九十九さくら(真矢ミキ)と出会い、彼女の包容力に引かれ、本当の母親のように接してくれるさくらに心を開いていく家出中の少女。長男を失ったさくらの深い心の傷と関わりがある物語のキーマンとなる。

 「あざみは口調が強かったり、金髪にしているような不良なイメージもありますが、いろいろと傷ついて、悩んでいます。苦しんでいます。でもまっすぐな部分も持っている子なので、そのまっすぐさの部分はさくらさんに似ていると思いました。あざみは似た境遇の人の話を聞くというセリフがないシーンも多くて演じるのが難しいですが、あざみの感情を目や身体の神経まであざみになって出していけるように頑張ります」と意気込む。

 毛先が金色にグラデーションになった髪型は自分のアイデアだったそうで「全部金髪に染めると髪色の管理が大変と美容師さんに聞いたんです。あざみは家出中の子なので、髪の毛をしょっちゅう染めることはできないと思ったので、『それなら耳たぶの下ぐらいまで染めるのはどうでしょうか?』と、提案しました」とその経緯を説明。

 プライベートでは黒い服を好んでいることもあり、「黒と金って合うので、日頃着ているファッションにあまり変わりはありません。でも金色という、かっこいい色が自分の一部になったことで少し気持ちが強くなった気がして奇抜なファッションも、より好きになっています」と変化も。「姉に一番最初に報告して、びっくりしていたみたいですが、『似合っている』と言ってくれてうれしかったです」と周囲の評判を明かしていた。



オリコントピックス