• ホーム
  • 映画
  • 満島真之介、離婚報道後初の公の場も言及せず イタリア系クォーターを告白

満島真之介、離婚報道後初の公の場も言及せず イタリア系クォーターを告白

 俳優の満島真之介(28)が9日、都内で行われた映画『三度目の殺人』の初日舞台あいさつに登壇。6日に一般女性と離婚していたことが報道されてから初の公の場となったが、言及はしなかった。

【写真】その他の写真を見る


 満島は7日発売の『週刊文春』で離婚していたことが報じられた。所属事務所も「事実です」と認め、時期については「今年の6月です」とコメントしていた。この日は離婚報道後、初の公の場となったが言及せず。退場時も報道陣の声が届いた様子はなく、無反応だった。

 また、この日の舞台あいさつの登壇者で唯一、イタリアで開催中の『第74回ベネチア国際映画祭』に参加できなかった満島は「僕も1日ずれたら行けてた。なかなか調整できなくて、これも運命だと思った」とこぼした。

 一方で「僕自身、イタリア系の血が入っているんです。おじいちゃんが、そうなもんで」と祖父がイタリア人で、自身がイタリア系のクォーターであることを明かし「イタリアに行っていたら、まだ帰ってきてない可能性があったのでよかったです」と前向きにとらえつつも、「次、行きましょう!」と次作以降にイタリアの地を踏むことを誓っていた。

 同作は、是枝裕和監督が近年描いてきたホームドラマから一転し、かねてより挑戦したいと考えていた法廷を舞台にした心理サスペンス。福山雅治が勝ちにこだわる弁護士を演じ、殺人事件の容疑者を役所広司、被害者の娘を広瀬すずが演じている。この日の舞台あいさつには福山、役所、広瀬も登壇した。



関連写真

  • 離婚報道後初の公の場に登場した満島真之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『三度目の殺人』の初日舞台あいさつ=東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『三度目の殺人』の初日舞台あいさつに登壇した福山雅治=東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『三度目の殺人』の初日舞台あいさつに登壇した広瀬すず=東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『三度目の殺人』の初日舞台あいさつに登壇した役所広司=東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『三度目の殺人』の初日舞台あいさつに登壇した広瀬すず=東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス