• ホーム
  • 音楽
  • flumpool阪井、『27時間テレビ』ドラマ3作で初の劇伴音楽を担当「全てが大変」

flumpool阪井、『27時間テレビ』ドラマ3作で初の劇伴音楽を担当「全てが大変」

 ロックバンド・flumpoolのギター・阪井一生が9日・10日に放送されるフジテレビ系長編特別番組『FNS27時間テレビ』内のドラマ3作品で劇伴音楽を担当することが、わかった。

 今回の『27時間テレビ』では“にほんのれきし”をテーマに一新し「学び、笑い、楽しむ」がたっぷり詰まった完成されたエンターテインメントを追求。“新感覚時代劇”であるバカリズム脚本の戦国ドラマ『僕の金ケ崎』と幕末ドラマ『私たちの薩長同盟』、そして『源氏物語』をアレンジした平安ドラマ『源氏さん!物語』において、阪井はおよそ20曲もの楽曲を手掛けた。

 来年には10周年イヤーを迎えるflumpoolのほぼ全ての楽曲を作曲してきた阪井が平安貴族の世界、戦国時代の四傑の戦い、幕末の薩長同盟を描いた個性あふれる時代劇ドラマを音楽で彩る。劇伴音楽の制作は初めての経験となるがバンドとしての楽曲制作とはまた違ったアプローチを仕掛けていく。

 『源氏さん!物語』では阪井と共にボーカルの山村隆太が、ゲスト出演。今年1月の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』では、演技初挑戦ながらもヒロインの相手役という大役を務めた山村がどのような演技をみせるのか。そしてハリー・ポッターの声も務める声優・小野賢章が城田優演じる光源氏に大切なことを言いわたす特別なシーンの声で出演も決定した。

 新たな試みに阪井は「全てが新鮮で、全てが大変でした!(笑)」と苦労しつつも「個人的にはflumpoolの音楽の奥行きを広げるためにも、劇伴制作に挑戦したい思いがあった中でこのオファーをいただき、初めは気合いが入りまくっていたのですが、まさかの時代もののドラマと聞き、すぐさまひたすら和モノ素材を集めました(笑)。ただし、仕上がりはさまざまな音楽の要素を取り入れ、自分の色も出せた、満足のいくおよそ20曲です。flumpoolでは経験できない、幅広い音楽制作に挑戦できて本当に刺激的でした。是非ドラマと共に音楽も楽しんでください!」と自信を込めている。



オリコントピックス