• ホーム
  • 芸能
  • 白石麻衣写真集、好調維持でついに10刷り達成 発行部数は23万部突破

白石麻衣写真集、好調維持でついに10刷り達成 発行部数は23万部突破

 人気アイドルグループ・乃木坂の白石麻衣(24)の2ndソロ写真集『パスポート』(撮影:中村和孝/講談社)が、通算9度目となる1万部の重版が決定し、10刷りの累計発行部数が23万部を突破したことが8日、明らかになった。発売から7ヶ月以上が経過しているが、その勢いはまったく衰えるところを見せずに超ロングセラーを記録し続けている。

【写真】その他の写真を見る


 本作は今年上半期(集計期間:2016年11月21日〜2016年5月21日)だけで20.1万部を売り上げ、『オリコン2017年上半期“本”ランキング』の「写真集部門」で首位を獲得。2010年の上半期同部門発表開始以来、その上半期売上実績としては過去最高の期間内売上を記録した。

 「1万部売れればヒット」と言われる写真集業界で、同書は初版10万部という異例の大部数でスタート。にもかかわらず、発売直後から大ヒットで店頭では常に品薄状態が発生するため、ほぼ毎月重版を繰り返すことに。一般的には2〜3度の重版でも大ヒットとなるが、先月7日に8度目の重版で22万部を突破し、さらにわずか1ヶ月でさらに1万部の重版が決定、この日までに「10刷り23万部」という驚異的な記録を打ち立てた。

 出版元の講談社の販売担当者は「10刷りまで到達したタレント写真集は入社以来初。まったく衰えないセールスに、どこまで行くのだろうと驚いています!」と興奮ぎみに明かし、「白石さんに憧れる20代女性を中心に、支持層が広がり続けていることが、ロングセラーの理由だと思います」と大ヒットを分析している。

 ヒットに伴い、数多くの芸能人やスポーツ選手がこの写真集を購入したことが報じられてきたが、そこにある大物歌手も加わった。乃木坂46が8日放送回に出演したテレビ朝日系『ミュージックステーション』の公式Twitterが、歌手の福山雅治が自ら購入していたことを報告したのだ。

 同アカウントが白石が写真集にサインを入れた姿、さらに白石と福山の笑顔の2ショット写真もアップすると、ファンから「福山さん、メッチャうれしそうな笑顔!」「2人とも大好きだからうれしい!」といった声が寄せられている。



関連写真

  • 写真集の累計発行部数23万部のお祝いケーキを喜ぶ白石麻衣
  • 写真集の累計発行部数23万部のお祝いケーキを喜ぶ白石麻衣

オリコントピックス