• ホーム
  • 芸能
  • 「最も美しい20代」是永瞳『ドクターX』で女優デビュー 話題の秘書役、特技の空手も生かす

「最も美しい20代」是永瞳『ドクターX』で女優デビュー 話題の秘書役、特技の空手も生かす

 昨年9月に開催された『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリに輝いた是永瞳(これながひとみ・22)が、テレビ朝日系『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第5シリーズ(10月スタート、毎週木曜 後9:00)で、女優デビューを飾ることがわかった。同ドラマシリーズの“お決まり”ともいえる蛭間院長(西田敏行)の第一秘書・中谷恵子役に大抜てきされ、3段の腕前を持つ特技の空手もキャラクターに反映されている。

 同作の秘書といえば、主演の米倉涼子が所属するオスカープロモーションの後輩たちが代々務めてきた“登竜門”。これまで第1シリーズは林丹丹、第2位シリーズは笛木優子、第3シリーズは内藤理沙、第4シリーズは田中道子が演じ、注目を集めてきた。

 応募総数4万18通という激戦を勝ち抜き、最も美しい20代に選ばれた是永は、これまで過去シリーズを見て出演に憧れていた作品で女優デビューを果たすことが決定し「幸せをかみしめています。出演が決まったときは、まさか自分が!という驚きとびっくりしすぎてリアクションがとれませんでした」と大喜び。今月から始まる撮影を前に「ドキドキして夜も眠れないくらいです。今は台本をいただき秘書役の所作を学んで撮影に備えています」と胸の内を明かした。

 前作で秘書を演じた田中から、西田のアドリブについて助言されているが「いきなりアドリブをされたら自分の素の部分が出てしまうと思います。西田さんのオーラに負けず地元の大分弁を出していきたいと思います(笑)」と意気込んでいる。

 12歳から空手を始め、今年6月から全日本空手道連盟公認「TOKYO2020オリンピック空手スペシャルアンバサダー」にも就任した経歴を生かし、役柄も「空手が得意」となっている。美しさと強さを兼ね備えた新人女優が、大ヒットドラマの新シリーズにどんなインパクトを残すか。放送開始に向けてまた楽しみが増えてきた。



オリコントピックス