• ホーム
  • 芸能
  • ノンノモデル・松川菜々花、夏の終わりを惜しむ至極のビキニ姿

ノンノモデル・松川菜々花、夏の終わりを惜しむ至極のビキニ姿

 女性ファッション誌『non-no』専属モデルの松川菜々花(19)が、7日発売の『週刊ヤングジャンプ』41号(集英社)の巻末グラビアに登場。ビキニをまとったスレンダーボディを恥じらいながらも披露した。

【写真】その他の写真を見る


 松川は今年3月に『non-no』専属モデルに抜てきされ、同時にグラビアにも進出。身長165・バスト78・ウエスト59・ヒップ79センチの整ったスレンダーボディを武器に、両ジャンルで活躍する“モグラ”の次世代クイーン候補として注目を集めている。

 今回のグラビアは、古民家風の建物を舞台に“夏の終わりのほんのひと時”がテーマ。過ぎゆく夏を惜しむような切ない表情や、最後の水遊びで濡れたTシャツ越しにビキニを見せるカットなど、和風なテイストを感じさせるカットが掲載される。

 また、同号の表紙と巻頭グラビアには、この春に5週連続で行われたグラビアスター発掘企画『ゲンセキ2017spring』を優勝した、レースクイーンの三城千咲(27)が登場。大人と色気とかわいらしさを兼ね備えた美女が、大胆な水着姿を見せつけた。

 同号の巻頭カラー漫画は、赤坂アカ氏の『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』。



関連写真

  • 『週刊ヤングジャンプ』41号に登場した松川菜々花(C)Takeo Dec./集英社
  • 『週刊ヤングジャンプ』41号に登場した松川菜々花(C)Takeo Dec./集英社
  • 『週刊ヤングジャンプ』41号に登場した松川菜々花(C)Takeo Dec./集英社
  • 『週刊ヤングジャンプ』41号に登場した松川菜々花(C)Takeo Dec./集英社
  • 『週刊ヤングジャンプ』41号に登場した松川菜々花(C)Takeo Dec./集英社
  • 『週刊ヤングジャンプ』41号表紙カット(集英社)

オリコントピックス