• ホーム
  • 芸能
  • 三代目JSB岩田剛典、『世にも奇妙な物語』初主演で“究極のラブストーリー”

三代目JSB岩田剛典、『世にも奇妙な物語』初主演で“究極のラブストーリー”

 EXILEおよび三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典が、10月14日に放送されるフジテレビ系土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 '17秋の特別編』(後9:00)で同シリーズ初出演にして初主演を飾ることが、わかった。作品タイトルは“運命の恋”をモチーフにした「運命探知機」。“世にも奇妙”ながら究極のラブストーリーを描く。主人公の運命の人となるヒロインには石橋杏奈が起用された。

【写真】その他の写真を見る


 “運命の人、運命の恋、永遠の愛”というものを信じきれない29歳の独身男性・和泉涼平(岩田)は、ある日、腕時計のような機械を拾ったことをきっかけに、涼平めがけてバケツで大量の水をぶっかける風変わりな女性・北澤由紀(石橋)と最悪な出会いを果たす。しかし、奇跡的な再会、突然の恋のライバル登場。まるで恋愛ドラマのようなシーンを重ねていくうち、涼平は“運命の人、運命の恋、永遠の愛”があるのかもしれない、と思い始める。浅香航大、玄理、丸山智己らが脇を固める。
 
 小さい頃から同シリーズを楽しみにしていたという岩田は「子供心をとてもくすぐられた記憶があって、そういう作品に携われるチャンスをいただけたのは本当にうれしいです」と歓喜。これまで数々のラブストーリーに出演してきたが、“運命の恋”について「あるわけないとは思わないです。あったらいいなっていう思いはありますし、心のどこかで“運命の恋”があったらすてきだと思います。もしも“運命探知機”があったら、その指示に従って“運命の人”に出会ってみたいですね」と想像を膨らませていた。

 「誰しもが自分にとってすてきな人といつの日かひょんなタイミングで出会うことを夢見るものだと思います。そんな夢見る一人の若者を演じるのですが、この作品は『世にも奇妙な物語』らしい怖さとは一味違う、怖さのジャンルにはこういうものもあるんだなと、自分が思う題材だったのでより演じてみたいと思いました」と作品への思いを明かし、「この作品はどこか一つのシーンが見どころというよりも、最後まで何が起こるかわからない、意外な展開が見どころです。最後まで楽しんでみていただければと思います」とアピールした。



関連写真

  • 10月14日放送のフジテレビ系『世にも奇妙な物語'17秋の特別編』「運命探知機」に主演する岩田剛典(右)とヒロインの石橋杏奈 (C)フジテレビ
  • 10月14日放送のフジテレビ系『世にも奇妙な物語'17秋の特別編』「運命探知機」に主演する岩田剛典(C)フジテレビ

オリコントピックス