• ホーム
  • 芸能
  • 武井咲の10月ドラマ“脚本と内容変更はナシ” プロデューサー「楽しく撮影していければ」

武井咲の10月ドラマ“脚本と内容変更はナシ” プロデューサー「楽しく撮影していければ」

 EXILE TAKAHIRO(32)との結婚と妊娠3ヶ月であることを発表した女優・武井咲(23)が主演する日本テレビ系新ドラマ『今からあなたを脅迫します』(毎週日曜 後10:30)について、5日に同局で行われた10月期改編説明会で松本京子プロデューサーは、番組内容の変更に「全然そんなことはない。報道のある前からの脚本で進行している」とコメントした。

 同ドラマは俳優ディーン・フジオカとのダブル主演。警察や探偵では取り扱えないような依頼を「人を脅迫する」ことで解決するという危険な男“脅迫屋”をディーンが演じ、そんな彼と事件に巻き込まれる「善人」で「変人」なお嬢様・澪役に武井が起用されている。

 妊娠中とあって激しい動きは難しくなるが松本プロデューサーは「アクションがある役ではないのでお人好しすぎるお嬢様ですので、ドラマの内容が大きく変わったり本来やりたかったことを変える予定はない。スタッフと気を遣いながらも楽しく撮影していければ」と方針を明かした。

 また、これによる撮影スケジュールの変更については「まだわかりません。発表にはなっていますが9月なかばからクランクインしますので、もともと、ドラマの撮影であまりにも深夜や早朝は嫌なので、適切な範囲でのスケジューリングしていきたい」といい、前倒しの予定などは「特にないです」と話した。



オリコントピックス