• ホーム
  • 音楽
  • THE RAMPAGE、11・8新曲「100degrees」 川村壱馬がラップ作詞初挑戦

THE RAMPAGE、11・8新曲「100degrees」 川村壱馬がラップ作詞初挑戦

 16人組ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、11月8日に4枚目のシングル「100degrees」をリリースすることが決定した。

 「RAMPAGE=暴れ回る」の意味を持つ同グループは、この夏25本以上の夏フェス・イベントに出演する暴れっぷり。1月25日にシングル「Lightning」でメジャーデビューし、2nd「FRONTIERS」(4月発売)、3rd「Dirty Disco」(7月発売)とハイペースでリリースし、早くも4作目。12月1日からスタートする初の単独ホールツアー『THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 “GO ON THE RAMPAGE”』(10ヶ所11公演)のキックオフシングルとなる。

 表題曲はイントロから重厚なビートが鳴り響くパワフルなヒップホップナンバー。前向きで熱いメッセージが込められた歌詞はR&B歌手のJAY’EDが書き下ろし、ラップパートの作詞はメンバーの川村壱馬が初挑戦した。

 CDには表題曲「100degrees」を含む新曲3曲を収録。ボーナストラックとして、3rdシングル「Dirty Disco」の英詞バージョンが収められ、付属DVDには表題曲のミュージックビデオが収録される。



オリコントピックス