• ホーム
  • 芸能
  • 梶裕貴『脳スマ』最終話にナレーション出演「神経を集中させて」

梶裕貴『脳スマ』最終話にナレーション出演「神経を集中させて」

 声優の梶裕貴が14日に放送される読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(毎週木曜 後11:59)の最終話に声で出演することがわかった。ストーリーが急展開するシーンにて登場するアプリのナレーションに起用され、7日放送の10話の最後に流れる予告も担当する。

 人気放送作家・鈴木おさむが手がける同ドラマは、突然“スマホ人間”となってしまった主人王・折茂圭太(伊藤淳史)が、さまざまなスマホのアプリを駆使し、社内外のトラブルを解決していくSFヒューマンストーリー。

 今回のオファーを受け梶は「作品にとって非常に重要な役目を担わせていただけるうれしさと緊張感を感じつつ、短いせりふではありますが神経を集中させて収録させていただきました…!とにもかくにも、ぜひご覧ください!!」とアピール。

 物語の内容にちなみ.、もし、自分の脳にスマホが埋められたら「やはり、まずは地図アプリ(をダウンロードしたい)ですね!迷わずにどこへでも行ける!渋滞情報やルート案内もあると、なお良し!あとは辞書アプリ。意味や読み方、イントネーションが瞬時にわかると、仕事にとても役立つはず!」と妄想を繰り広げていた。



オリコントピックス