• ホーム
  • 芸能
  • 香里奈、コメディー本格初挑戦 池田エライザ&志尊淳も異色設定に起用

香里奈、コメディー本格初挑戦 池田エライザ&志尊淳も異色設定に起用

 女優の香里奈が10月2日・9日に放送されるフジテレビ系深夜ドラマ『アイ〜私と彼女と人工知能〜』(2日・深0:25、9日・深0:35※前後編)に主演することがわかった。香里奈は同作がコメディー作品初挑戦となり、地味で恋愛からも縁遠い理系女子・田中雫を演じる。そんな雫と暮らししながらも、雫を狙うバイセクシュアルのインスタモデル・桜井モモを池田エライザ、雫が会社から共同生活を命じられた“ちょっとHなAI(人工知能)”今泉聖司を志尊淳が演じ、3人の軽妙な掛け合いを中心とした奇妙な共同生活を描いていく。

【写真】その他の写真を見る


 今作の監督は「アルクアラウンド」(サカナクション)のミュージックビデオで、『第14回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞』を受賞したアート・ディレクターの関和亮氏。音楽と劇伴は、2013年にリリースした「Lost Decade」が「iTunes Store」総合1位を記録したtofubeats(トーフビーツ)が務めるなど、国内外で注目を集めるクリエイターがコラボレーションする。

 これまでクールな役のイメージの強い香里奈が地味な理系女子に扮し、端正なルックスの持ち主ながらそんな彼女を“パンティー”“おっぱい”などの際どいワードを連発して振り回す変態AIに志尊、ひそかに雫を狙い終盤のキモとなるシーンでは自身と同じ福岡出身という設定を生かして福岡弁を披露する池田…と、三者三様にこれまでとはまた違った一面が見られそう。

 香里奈は「今までの役柄とはまた違い、新鮮でした」と役作りを楽しんだそう。「雫とモモが聖司と生活を共にしていくことで、人間にとって本当に大切なものは何なのか、忘れかけていた大切にするべき想いなどを、聖司と関わることによって、改めて考えさせてくれるようなドラマになっています。コメディー要素も多いので、未知なAIとの暮らしをワクワク想像しながら、気楽に見て楽しんでいただけたらうれしいです」とアピールしている。

 今回、新たに毎週月曜の深夜に設立された新枠「ブレイクマンデー24」では、フレッシュな出演者や制作者などを積極的に起用し“ブレイク”していく番組や、週初め月曜日の”ブレイクタイム”として1週間の活力になる番組をラインナップ。ジャンルを問わず、地上波を中心にFOD(フジテレビ・オンデマンド<フジテレビが運営する動画配信サービス>)、BS、CSと密に連携した編成でSNSなどを通じた波及を目的としたユニークコンテンツを制作していく。同ドラマも初の本格的なメディアミックス作品で、地上波放送だけにとどまらず、配信や他メディアとも連動していく。



関連写真

  • フジテレビ系深夜ドラマ『アイ〜私と彼女と人工知能〜』に主演する香里奈 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系深夜ドラマ『アイ〜私と彼女と人工知能〜』より( 左から)池田エライザ、香里奈 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系深夜ドラマ『アイ〜私と彼女と人工知能〜』より(左から)池田エライザ、香里奈 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系深夜ドラマ『アイ〜私と彼女と人工知能〜』より AI「今泉聖司」に扮(ふん)した志尊淳
  • フジテレビ系深夜ドラマ『アイ〜私と彼女と人工知能〜』より(左から)池田エライザ、香里奈 (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ

オリコントピックス