• ホーム
  • 芸能
  • “70歳”西田敏行、60歳役に照れ「恥ずかしい」

“70歳”西田敏行、60歳役に照れ「恥ずかしい」

 俳優の西田敏行(69)が4日、都内で行われたテレビ東京系スペシャルドラマ『琥珀』(15日放送 後9:00〜)の会見に出席。劇中で60歳の刑事を演じた西田は「今年、古希(70歳)なんですけれど、せりふで『私は60歳になるけれど、あなたは?』って聞くシーンがあった。50代のときに40歳ですって言ってもそんなに恥ずかしさは感じなかったと思うけれど、70歳になるのに『60歳です』っていうのが恥ずかしかった」と照れながら笑った。

【写真】その他の写真を見る


 直木賞作家・浅田次郎氏の同名小説を、NHKで放送中の連続テレビ小説『ひよっこ』作者・岡田惠和氏が脚本化。定年間近で存在感の薄い刑事・米田勝己(西田)が、小冊子の記事と偶然出会い、止まっていた20数年前の事件が再び動き出す。北陸・魚津の寂れた田舎町でひっそりと喫茶店を営み、自分の罪を背負いながらただ時の流れをじっと待つ、静かに耐える男を寺尾聰(70)、2人をつなぐキーパーソンを鈴木京香(49)が演じている。

 作品にちなみ、「追いかけたいこと」を聞かれた西田は、実年齢より若い役柄を演じる恥ずかしさを明かしつつ、「肉体は老いていくしいろんなことは変わっていくけれど、志は追いかけていたい」とコメント。同い年の寺尾が、この先の人生を思い「穏便に日々過ごしていけたらいい」と話すと西田が「あくまで“オフホワイト”でね」と返すなど、絡むシーンは今回が初めてながら、仲を深めた様子の2人。

 充実した撮影の時間が過ごせたようで、鈴木が「また3人でお仕事をするのが夢」と目を輝かせば、2人も「ミートゥー」と笑顔になっていた。



関連写真

  • 実年齢より若い役柄を演じた西田敏行 (C)ORICON NewS inc.
  • スペシャルドラマ『琥珀』の会見に出席した(左から)寺尾聰、西田敏行、鈴木京香 (C)ORICON NewS inc.
  • スペシャルドラマ『琥珀』の会見に出席した鈴木京香 (C)ORICON NewS inc.
  • スペシャルドラマ『琥珀』の会見に出席した寺尾聰 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス