• ホーム
  • 芸能
  • 『スター・ウォーズ』ルークの吹き替え声優、島田敏が続投

『スター・ウォーズ』ルークの吹き替え声優、島田敏が続投

 人気映画シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)の日本語吹き替え版で、“ジェダイの騎士”ルーク・スカイウォーカーの声優に島田敏の続投が決定。きのうから放送されているテレビCMの冒頭で「ジェダイは滅びる」という衝撃的なせりふを披露している。

 砂の惑星で育った青年ルーク・スカイウォーカーは、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)、『同 エピソード5/帝国の逆襲』(80年)、『同 エピソード6/ジェダイの帰還』(83年)のいわゆる“旧3部作”の主人公。『ジェダイの帰還』から約30年後のルークを演じることになった島田は「30年分のルークの重みをしっかりと受け止めながら凛とした思いで演じたい」と意気込みを語っている。

 旧3部作で暗黒卿ダース・ベイダーの息子でありながら父と戦い、銀河に平和を取り戻したルークは、その後、ジェダイ騎士唯一の生き残りとなり、“何故か”誰とも関わらず姿を消した。

 時は流れ、砂漠の惑星で家族を待ち続ける孤独なヒロイン・レイが主人公となった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)では、フォースの力に目覚めたレイが、ダース・ベイダーを崇拝するカイロ・レンとの死闘を経て、孤島に身を潜めていたルークのもとにたどり着くまでが描かれた。『フォースの覚醒』でルークはひと言も発せず、吹き替え声優の出番もなかったのだが、最新作『最後のジェダイ』ではルークが間違いなく活躍する。

 島田は「レイは謎が多いキャラクターだと思います。親がいなかったり、辺境に住んでいたり、普通の何者でもない存在が、ルークと被る印象があります。『最後のジェダイ』では、壮大な物語の中でレイとルークが紡ぐどのようなドラマが待っているのか、大いに期待したいですね。ルークの背負っている運命といったものをつないでいけるのか、その戦いが待っているのではないかと思います。すごくドラマチックな展開を期待しています」と、本編の吹き替え収録が待ち遠しい様子だった。



オリコントピックス