• ホーム
  • 音楽
  • DAOKO×岡村靖幸が『血界戦線』EDテーマ「ブットビソング、聴いたらメロメロ」

DAOKO×岡村靖幸が『血界戦線』EDテーマ「ブットビソング、聴いたらメロメロ」

 歌手のDAOKO岡村靖幸とタッグを組んだ4thシングル「ステップアップLOVE」(10月18日発売)が、10月から放送されるアニメ『血界戦線 & BEYOND』(MBS、TOKYO MX、BS11)のエンディングテーマ曲に起用されることが決定した。DAOKO×岡村靖幸(ダヲコカケルオカムラヤスユキ)名義でリリースされる表題曲の作詞はDAOKO、作編曲&プロデュースは岡村靖幸が手がけた。

【写真】その他の写真を見る


 アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌、DAOKO×米津玄師「打上花火」で注目を集めるDAOKOは、新曲で岡村とタッグ。2015年4月から放送されているテレビアニメ『血界戦線』の第2期として10月から放送される『血界戦線 & BEYOND』のエンディングテーマ曲を担当する。

 DAOKOは「前シリーズ、最高でしたね。これからお話がどう展開していって、どんな世界を魅せて頂けるのか、いちファンとして楽しみでなりません。岡村靖幸さんとのコラボ楽曲も血界戦線にぴったりなブットビソングです。聴いたらメロメロですよ、きっと! ぜったい! ワクワクドキドキ尽くしですね。大好きな作品に携われたこと、本当にうれしく思います。皆でときめく胸に手をあて、正座待機していましょう」と心待ちに。岡村もひと言「自信作です」とコメントを寄せた。

 本作は期間限定盤(CD+DVD)、通常盤A・B(ともにCDのみ)でリリース。通常盤Bには岡村の新曲が収録される。詳細は後日発表となる。

 なお、オープニングテーマ曲はUNISON SQUARE GARDENの新曲「fake town baby」(11月15日発売)に決定した。



関連写真

  • 10月スタートのアニメ『血界戦線 & BEYOND』のエンディングテーマを担当するDAOKO
  • 作編曲&プロデュースを担当した岡村靖幸
  • オープニングテーマはUNISON SQUARE GARDENの新曲「fake town baby」
  • 10月から放送されるアニメ『血界戦線 & BEYOND』(C)2017 内藤泰弘/集英社・血界戦線 & BEYOND製作委員会

オリコントピックス