• ホーム
  • 音楽
  • 田中聖擁するバンド・INKT、解散を発表「夢半ばで悔しさ」

田中聖擁するバンド・INKT、解散を発表「夢半ばで悔しさ」

 KAT-TUNの元メンバー田中聖(KOKI)を擁するロックバンド・INKTが1日、公式サイトで同日をもっての解散を発表した。2013年11月の結成以来、約4年におよぶ活動に幕を下ろす。

 同バンドは今年5月に田中が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕(その後不起訴処分)されたことで、バンドおよび田中個人の活動について「今回の司法判断を受けて、メンバーとスタッフで協議し、また改めてご報告させて頂ければと思っております」とサイトで発表。「田中聖にはアーティストとしての自覚はもとより社会人としての自覚と責任を改めて指導してまいります。何卒、ご理解頂けますようお願い致します」としていた。

 この日公式サイトでは所属事務所ナチュラルエースの署名で「この度INKTは2017年9月1日をもって解散することになりました」と報告。「簡単な決断ではなく、メンバーとスタッフで何度も何度も何度も話し合い、最後は総意としてこの決断に至りました。長い時間お待たせしたのにも関わらず、このようなお知らせになってしまったこと、本当に申し訳ございません」とファンへお詫びした。

 つづけて「これまで応援してくださったファンの皆様、ご協力して頂いたスタッフの皆様、素晴らしいバンド仲間の皆様には本当に感謝しております。短い活動期間ではありましたが、本当に本当にありがとうございました」と感謝を述べている。

 ボーカルのKOKIこと田中は「守るべき約束、叶えるべき夢、たくさんの想いがあり、夢半ばでこんな形になってしまい悔しさと後悔しかありませんが、皆様と尊敬するメンバーのお陰で素晴らしい日々を送れていました。夢のような日々でした」と解散に際しコメントを発表した。

■各メンバーからのコメント

<mACKAz/Ba.>
バンドの置かれている状況、バンドの未来、各々の人生、全てを加味してメンバー、スタッフで話し合った結果、解散という結論に至りました。
INKTというバンドを世に発表してから約3年。日本中の、世界中のファンに出会って応援してもらって濃密な時間を過ごしました。みんなと過ごした時間はこれからの自分の人生において一生の宝物になります。
INKTを応援してくれて、そしてINKTの音を聴いてくれて本当にありがとうございました。

<Kei/Gt. >
結成してから沢山の人と出会って、沢山の絆が出来ました。
応援してくれる人、待っていてくれる人、尊敬して刺激しあえる仲間、支えてくれたスタッフ、皆様に助けていただいて活動する事が出来ました。感謝しています。
今回メンバー全員で話し合いを重ねた結果、INKTは解散する事になりました。
INKTが繋げてくれた人達全員でもっと高みを目指して、最高の景色を見たかったのですが、志半ばではありますがINKTとしての活動は終わります。
短い間でしたが、応援してくれた皆様、本当にありがとうございました。

<SASSY/Dr.>
メンバー、スタッフと話し合いをしてきましたが、この様な結果になってしまった事、ファンの皆様、支えてくれた皆様、関係者の皆様、バンド仲間のみんなに本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
これまで皆様に応援して頂いたこと、毎回本当に励みになり、僕たちのパワーとなりました。ただただ感謝しかありません。
本当にありがとうございました。

<KOKI/Vo.>
今まで応援して下さったファンの皆さん。
支えてくれた関係者の皆さん。
ありがとうございました。
守るべき約束、叶えるべき夢、たくさんの想いがあり、夢半ばでこんな形になってしまい悔しさと後悔しかありませんが、皆様と尊敬するメンバーのお陰で素晴らしい日々を送れていました。
夢のような日々でした。
これから先、INKTを応援してきていただいた事が誇りに思えるような人間に成長していきたいと心から感じています。
変わらずSASSY、mACKAz、Keiの応援、よろしくお願いします。



オリコントピックス