• ホーム
  • 音楽
  • 島茂子、サンシャインシティで初リサイタル TOKIO松岡もサプライズ来場

島茂子、サンシャインシティで初リサイタル TOKIO松岡もサプライズ来場

 人気グループTOKIOの新曲「クモ」(8月30日発売)に収録されている「女の坂道」を歌唱する歌手「島 茂子(しま・しげこ)」が、デビュー翌日となる31日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で初のリサイタルを行い、2000人の観客を魅了した。

 フリーライブの殿堂である同所では月末ということでショッピングを楽しむ人や観光客が多くみられるなか、世間では"あのグループのあの人に似てる!"とうわされる島茂子本人を一目見ようと、多くの人が立ち止まり、歌姫の降臨を今か今かと待ちわびた。

 イベントMCのお笑い芸人・オテンキのりの呼び込みで登場した島茂子はまだ世に出した持ち歌が1曲しか無い事もあり、イベント開始から約20分間トークで盛り上げた。「TOKIOのメンバーとどんなご縁が?」と聞かれると「古くからの知人。メンバー全員の弱みを握っている」とニヤリ。また当日集まった観客から「島茂子さんは何で癒されていますか?」の質問には「TOKIOの番組を観てます」とアピールした。

 ラストには島のバックバンド "ザ・ソイラテズ"とともに歌唱している(当日は不在)メジャーデビュー曲「女の坂道」を披露。今の流行や話題と茂子が青春を謳歌した時代と現在とのギャップを歌詞に込めた昭和歌謡サウンドを響かせた。

 ここで今回、"ちょっとしたご縁"のあるTOKIOの松岡昌宏が花束をもってステージに登場するというサプライズを実施。メジャーデビューを祝うとともに初のリサイタルを終えた彼女をねぎらった。突然の松岡の登場に驚く島茂子は、松岡から「全員の弱み握ってるなら、城島茂の弱みも教えろ!」と詰め寄られ「腰が痛い」と即答。"古くからの知人" ならではの掛け合いを見せ、会場を沸かせていた。



オリコントピックス