• ホーム
  • 芸能
  • 平愛梨、W杯決まり興奮 夫・長友や選手に感謝「大きな感動をありがとうございました」

平愛梨、W杯決まり興奮 夫・長友や選手に感謝「大きな感動をありがとうございました」

 サッカー日本代表DFの長友佑都(30=伊・インテル)の妻で女優の平愛梨(32)が1日、自身のブログを更新。きのう8月31日に、埼玉スタジアム2002で開催されたサッカー『2018FIFAワールドカップ ロシア アジア地区最終予選  日本×オーストラリア』を生観戦したことを明かすとともに「本当に嬉しいです」と喜びをつづった。

 日本は、長友、長谷部誠吉田麻也らチーム一丸となって、最後までオーストラリアに得点を与えず2-0で勝利。勝ち点を20に伸ばしてグループBの1位が確定し、来年のW杯ロシア大会出場を決めた。日本のW杯出場は1998年のフランス大会以来6大会連続6回目となった。

 この日、妹で女優の平祐奈(18)とお笑い芸人・三瓶(40)とともに観戦した平は「W杯決定!!」のエントリーで「選手の皆さんのエネルギッシュなお姿!! 強い眼差し。細かな動きにも釘づけでした。長友さんはまるで車を運転しているような、ハンドルを操作しているように見え、選手の皆様から大きな感動を頂きました!」と大興奮。

 「シュートを撃たれる度にサポーターの皆さんの振動すごかったー!!!!」と現地の様子も明かし「その輪にご一緒でき、初めてお会いする周りの方々とハイタッチやご挨拶をしたり観戦ならではのこの空気感に嬉しくなります!(周りの方々ありがとうございました)」と感謝した。

 最後は「ワールドカップ2018!! 本当に嬉しいです」と喜び「大きな感動をありがとうございました。お声かけて下さった皆様、たくさんのメッセージありがとうございました」と伝えた。

 なお、生中継したテレビ朝日によると、午後7時31分から9時35分までの番組平均視聴率が24.2%だったことがわかった(試合開始は午後7時35分)。毎分視聴率の最高値は35.0%で、試合終了のホイッスルが鳴った勝利の瞬間、午後9時25分にマークした(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。



オリコントピックス