• ホーム
  • 芸能
  • テレビ東京10月改編、既存番組の枠移行タテの流れを強化

テレビ東京10月改編、既存番組の枠移行タテの流れを強化

 テレビ東京の編成局編成部縄谷太郎部長は1日、東京・六本木の同社で10月改編の説明会を開き、10月改編では「テレ東らしいソフト開発の継続とタテ流れの強化」をテーマに、ゴールデン帯(GH)の既存番組の“放送枠入れ替え”という、大胆な策を発表した。

【写真】その他の写真を見る


 月曜午後8時台に放送中の『主治医が見つかる診療所』を木曜に、木曜午後8時台の『世界!ニッポン行きたい人応援団』を月曜に、入れ替え。それぞれ前後の番組――月曜は『YOUは何しに日本へ?』(後6:55)、『世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜』(後9:00)、木曜は『和風総本家』(後9:00)――との親和性を考慮し、“タテの流れの強化”で両曜日のGHの視聴率アップを狙う。

 縄谷部長は「『主治医〜』も『ニッポン行きたい人〜』も安定した視聴率を確保している中で、視聴者構成の分析を行い、さらにプラスを狙った枠移行。他局の裏環境も大きな理由」と、説明。

 月曜の午後8時台は、NHKの『鶴瓶の家族に乾杯』(後7:30〜8:43)と『主治医〜』のメイン視聴者層(高齢層)がかぶっていると分析。「『主治医〜』は、長年視聴者に支持されており、固定ファンがついている番組なので視聴習慣が変わるリスクは大丈夫なのではないか。さらに、月曜はNHKを見ている視聴者を、木曜なら取り込めるんじゃないか」と判断。「日本と世界がテーマの4番組(午後10時台の『未来世紀ジパング』含む)をタテに並べることで、曜日としてのカラーが打ち出せる」と『ニッポン行きたい人〜』との入れ替えを決めた。

 一方、木曜の午後8時台は、日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』(後7:56)やTBS『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(後8:00)があり、「ファミリーで見られる人気番組が並んでいる。7時台はアニメなので、何を編成しても厳しい中、『和風〜』と『主治医〜』、どちらも高齢者層に支持される番組を並べてタテ流れを強化したい」と話していた。

 さらに水曜は午後7時台の『THEカラオケ★バトル』と午後8時台の『ソレダメ!』を入れ替え、10月からは『ソレダメ!』(後6:55)、『THEカラオケ★バトル』(後6:54)、『家、ついて行っていいですか?』(後9:00)の順で放送し、3番組の柔軟な拡大編成(2時間スペシャルなど)に対応する。

 GHにドラマ以外で投入する新番組は、特番で世帯視聴率9%超の実績を持つ『ヒャッキン! 〜世界で100円グッズを使ってみると?』(火曜 後6:55)のみ。100円グッズを扱うワンコンセプトの番組で、“テレ東らしさ”を見出す。関ジャニ∞メンバーが出演する『ありえへん∞世界』(火曜 後7:54)、『開運!なんでも鑑定団』(火曜 後8:54)とともに“タテの流れ”を作り、火曜GHの視聴率アップに期待を寄せる。

 2017年上期の視聴率平均はGH帯6.5%、プライム帯(PT)6.1%、全日2.8%(8月27日まで)。改編率はGH29.2%、PT23.0%、全日9.9%。



関連写真

  • テレビ東京のバナナ社員・ナナナ (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス