• ホーム
  • 芸能
  • AKIRA、EXILE加入時の秘話 原点で回想「思いの強い出来事だった」

AKIRA、EXILE加入時の秘話 原点で回想「思いの強い出来事だった」

 EXILEのAKIRAが1日、東京・目黒区のエンターテインメントスクール『EXPG STUDIO TOKYO』リニューアルセレモニーに出席。グループ加入前、同校のインストラクターを務めていたAKIRAは、原点に立ち返り、これまでの歩みを回想した。

 「EXPG STUDIO」では、EXILEのSHOKICHIや小林直己、白濱亜嵐ら数々のアーティストを輩出。2003年のEXPG STUDIO東京校の開校以来、現在は国内に12校、海外に2校(台北、ニューヨーク)の計14校を展開している。

 移転およびリニューアルした東京校では、ダンス・ボーカルスタジオを備えたこれまでのカリキュラムに加え、新たにラップクラス、DJクラスを新設。ひと通り見て回ったAKIRAは「とにかく面構えがいいですね」と笑みを浮かべながら「自分たちで手作りで始めた『EXPG』が、10年以上の時を経て、こういう形で大きくリニューアルして今がある。とても誇らしく思いますし、信念を貫いて走ってきて良かったと思います」と感慨深げに話した。

 昼は同校のインストラクター、夜は各所で開催されているライブイベントに積極的に出演し、パフォーマー技術を磨いていた。そんななか、HIROから直接オファーを受ける形で、2006年にEXILE加入。願ってもない出世となったが「入った直後は『EXILEになった』って胸張って言えなかった。EXILEになる重みとか苦労とか、先輩たちのカリスマ性を知っている分、生半可に言えなかったんです」と吐露。

 それでもEXILEのメンバーとして、一つひとつのライブに全力を注ぎ「1発目のアリーナツアーが終わってから胸を張って『EXILEのAKIRAです』って言えた気がします。親にも言えてなくて、(EXILE加入を)新聞で知ったそうです。それくらい思いの強い出来事だった」と振り返っていた。



関連写真

  • AKIRA (C)ORICON NewS inc.
  • AKIRA (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス