• ホーム
  • 芸能
  • 『ビリー・エリオット』日本初演が50公演達成 ビリー役“5人”感謝と意気込み

『ビリー・エリオット』日本初演が50公演達成 ビリー役“5人”感謝と意気込み

 7月25日に開幕したミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』が、8月31日の12時45分の回をもって50公演を達成。交互出演で主役のビリー役を演じた、加藤航世(13)、木村咲哉(11)、前田晴翔(12)、未来和樹(15)、山城力(11)の5人が終演後のカーテンコールでそれぞれ感謝の言葉や思いを伝えた。

 ビリー役の5人が衣裳を着て壇上に上がることは初日以来だったため、この日舞台上に5人が登場すると会場は割れんばかりの拍手と大歓声。加藤は「一回一回上手になろうと頑張っているうちに、あっという間に時が経ちました。今までもこれからも、バレエが一番うまいビリーだと言われ続けるよう頑張りたいです」と改めて意気込み「ビリーを演じるのはこれが最後になると思うので、悔いのないよう頑張ります」と力を込めた。

 木村は「8月10日に誕生日を迎え、11歳になりました。共演者やスタッフ、お客様からも祝っていただき最高の1日になりました。去年の夏は虫取りをしていましたが、今年はビリーとして舞台に立ち充実しています」と笑顔で「千秋楽まで、一回一回の公演を大切にして、頑張ります」。

 前田は「オーディション期間は長かったですが、けいこの時間や、本番が始まってからはあっという間でした」と振り返り「ビリーがうれしかったり、怒ったりすると、自分も同じように気持ちになるので、演じなくともビリーでいられます。これからも努力して、進化していきたいです」と目を輝かせた。

 未来は「まだ始まったばかりなのに、これまでと同じ回数をやったらもうこの公演が終わってしまうと考えると、今から淋しく感じます。だからこそ、ビリーが終わった後に、もっと頑張ればよかったと思うことがないように、1回1回の公演を大切に頑張りたいです」と背筋を正した。

 また、初日以降トールボーイ役で出演しながらけいこを重ね、今月20日に“5人目”のビリー役としてデビューした山城は「初日はとても緊張しましたが、2度、3度舞台に出るうちに楽しめるようになってきました。遅れてデビューした自分のために、開幕後も毎日けいこをしてくださった皆さんに感謝しています。この50回公演を励みに、これからもどんどん進化していきたいです」と気持ちを新たにしていた。

 同作は映画『リトル・ダンサー』を、エルトン・ジョンの作曲でミュージカル化した作品で、2005年にロンドンで誕生して以来、全世界で演劇賞を総なめにし、のべ1000万人以上を動員。日本での上演は、今回が初めてとなる。日本初演は7月19日にプレビューが開幕、7月25日から10月1日まで東京公演(TBS赤坂ACTシアター)、10月15日から11月4日まで大阪公演(TBS赤坂ACTシアター)。プレビュー含め、全126公演となる。



オリコントピックス