• ホーム
  • 芸能
  • 竹野内豊、46歳等身大の自分を語る「心にぽっかり穴が空いている」

竹野内豊、46歳等身大の自分を語る「心にぽっかり穴が空いている」

 俳優の竹野内豊(46)と女優の麻生久美子(39)が31日、東京・渋谷のNHKで総合テレビの新ドラマ『この声をきみに』(9月8日スタート、毎週金曜 後10:00、連続8回)の試写会に出席した。朗読教室を舞台に、冴えない男が人生を変えようと奮闘する姿をユーモアたっぷりに描く。「自分の話し方、声、コンプレックスがたくさんある」という竹野内だったが、「麻生さんとお会いした時に『いい声ですね』とほめていただいたので、自信を持ってもいいのかな」と、恥ずかしさを紛らわすように珍しく「アハハ」と豪快に笑った。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、連続テレビ小説『あさが来た』の脚本を手掛けた大森美香氏によるオリジナル作品。ある日、妻と2人の子どもが家を出て行ってしまい、協議離婚を迫られる偏屈な数学講師の主人公が、町外れの小さな朗読教室に通うようになり、麻生が演じる朗読教室の講師や個性的なクラスメートとともに、新しい自分を見つけるレッスンを始める。

 竹野内が演じる穂波孝(たかし)は、自分の世界にこもり、感情表現に乏しく、サービス精神にも欠けるキャラクター。「とにかく歯がゆくて、情けなくて、惨めで、逆に応援したくなりました」と竹野内。演出サイドも「史上最もいけてない竹野内豊」をテーマに掲げているという。

 そんな中で竹野内は、孝が朗読の魅力に目覚める第1話のシーンで「僕の心の中には、ずっと埋めようのないぽっかりとした空間がある。このぽっかりのせいで、僕は生まれて46年ものあいだ、わけもなく不安になったり、寂しくなったり、不安定になったりしてきた」と吐き出すせりふに共感したといい、「自分も心にぽっかり穴が空いているところがあって。誰にでも大なり小なりあると思いますが、僕も46年生きてきているので、いろいろありますよ(笑)」と、打ち明けて会場をざわつかせるひと幕もあった。

 竹野内は同局のドラマ初主演。題材になっている朗読も初経験で、「うまくやろうとか、いい声を出そうとか、そういうことじゃないんだな、と思って。それは朗読に限らず、演技の世界にも参考になるところがあって、勉強になりました」と、得るものも多い作品になった模様。「ネット社会になり、メールやSNSが普及して人と直接会話することが少なくなった時代だからこそ、このドラマを通してLINEやメールで伝えられない、人のぬくもりを伝えられたら」と、アピールしていた。



関連写真

  • 46歳等身大の自分を語った竹野内豊 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKの新ドラマ『この声をきみに』の試写会に出席した麻生久美子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)竹野内豊、麻生久美子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKの新ドラマ『この声をきみに』の試写会に出席した(左から)竹野内豊、麻生久美子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKの新ドラマ『この声をきみに』の試写会に出席した麻生久美子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKの新ドラマ『この声をきみに』の試写会に出席した竹野内豊 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス