• ホーム
  • 芸能
  • 瀬戸利樹、舞台初主演が決定「うれしい気持ちと大きな責任」

瀬戸利樹、舞台初主演が決定「うれしい気持ちと大きな責任」

 先日、最終回を迎えた『仮面ライダーエグゼイド』で鏡飛彩(かがみ・ひいろ)/仮面ライダーブレイブを演じた瀬戸利樹が、演劇集団「Z-Lion(ジーライオン)」の第9回公演『夢のLife two トゥライフ』で舞台初主演を務めることが30日、わかった。

 大役のオファーを受け、瀬戸は「うれしい気持ちと同時に、いまは大きな責任を感じています」と本音を吐露しつつ「不安やプレッシャーもありますが、演出の粟島(瑞丸)さんはじめ、ご一緒させて頂くキャスト・スタッフの皆さんと最高の作品を作り上げていきたいと思っています。本番まで一所懸命稽古し、皆さんが見たことのない新しい僕をお魅せできるよう全力でぶつかっていきたいと思っています。楽しみにしていてください!」と力強く呼びかけている。

 同作は、とある田舎町を舞台に描くハートフル・ヒューマンコメディー。脚本・演出は粟島氏が担当。10月25日から29日まで東京・新宿シアターサンモールで上演される。

 瀬戸のほか、ヒロイン役の福田麻由子、松島庄汰、中島美央(Flower)、根岸愛(PASSPO☆)、高木俊、斉藤誠人、たくぽん、坂功樹、粟島瑞丸、岸明日香、竹匠、永山たかしら豪華共演陣が出演する。



オリコントピックス