• ホーム
  • 芸能
  • 松岡昌宏、遠山の金さんに 3時間特番の時代劇に「大きなチャンス」

松岡昌宏、遠山の金さんに 3時間特番の時代劇に「大きなチャンス」

 人気グループ・TOKIO松岡昌宏が、9月25日放送のTBS系『ドラマ特別企画 名奉行!遠山の金四郎』(後8:00〜10:54)で時代劇のヒーロー・遠山の金さんを演じることが明らかになった。27日に東映京都撮影所でお白州でのお裁きシーンの撮影が行われ、桜吹雪の入れ墨がお披露目された。

 金さんのシンボル・桜吹雪の入れ墨を描くには、その面積により2〜4時間かかる。右肩と腕の入れ墨だけを見せるお白州シーンでは2時間、背中一面に桜吹雪を描く入浴シーンでは4時間も要した。

 松岡は「遠山金四郎を僕が演じるとは夢にも思っていなかったので、ウソだろうというのが第一印象です」と大役抜てきに驚き。自身の時代劇デビューが、16歳の時に松方弘樹さん主演の『大忠臣蔵』で、「この時たくさん勉強させていただきました。その松方さんが演じた遠山金四郎を演じられることは何かご縁を感じます」と思いをはせる。

 共演には稲森いずみ、加藤雅也、中原丈雄、渡辺麻友、平田満、原田美枝子、そして北大路欣也と豪華キャストが顔をそろえる。松岡は「北大路さんと久しぶりの時代劇の共演で、現場にいい緊張感がありうれしく思いました。所作などご指導いただき、勉強させていただいています」と充実感をにじませる。

 地上波での時代劇が減っている昨今、3時間の特番ドラマを「大きなチャンス」ととらえ、「こんなにおもしろい作品があるぞと皆さんにお知らせして、金さんを知らない若い世代にもご覧いただきたいですし、時代劇ファンの方々には懐かしくご覧いただきたいと思います」と意気込んでいる。

 金さんが同局に登場するのは、1994年以来23年ぶり。遠山の金四郎を主人公にした『江戸を斬る』シリーズは7回放送され、西郷輝彦が5回、里見浩太朗が2回演じてきた。



オリコントピックス