• ホーム
  • 芸能
  • 『ビートたけしのスポーツ大将』27年ぶりレギュラー復活 “金メダルの卵”発掘へ

『ビートたけしのスポーツ大将』27年ぶりレギュラー復活 “金メダルの卵”発掘へ

 テレビ朝日系で2015年にスペシャル番組として25年ぶりに復活した伝説のスポーツバラエティー『ビートたけしのスポーツ大将』が、今秋より日曜よる8時台(毎週日曜 後7:58〜8:54)にレギュラー放送されることになった。27年ぶりのレギュラー復活の知らせに、ビートたけし番組大会委員長は「一世を風靡した番組が帰ってくるというのは非常に珍しいことですし、その司会にまた私なんかを使ってくれることも非常にありがたいと思っています」と、笑みをこぼした。

【写真】その他の写真を見る


 15年3月、16年2月、今年2月に放送されたスペシャル番組では、水泳、ゴルフ、野球、サッカー、卓球など、さまざまなオリンピック種目で、2020年東京オリンピックでメダルを狙う天才キッズを発掘を掲げ、現役のトップアスリートや現役を引退したレジェンドとのガチンコ対決で、伸び盛りのキッズたちを応援してきた。

 そんな天才キッズたちの爽やかな挑戦ぶりが話題となる一方、番組に天才キッズとして登場したアスリートたちも着実に成長。大きな大会で実績を残す選手も現れている。

 例えば、卓球でリオデジャネイロ五輪女子団体銅メダル獲得に貢献した伊藤美誠は復活第1弾となった15年のスペシャルに登場。同じく15年のスペシャルには、今年の卓球世界選手権個人戦で日本のエース、水谷隼を破り、堂々のベスト8に進出し、今月27日にはITTFワールドツアー・チェコオープンで史上最年少優勝する歴史的快挙を達成した張本智和も出演しており、初々しい表情ながらも力強いプレーを見せていた。

 たけしは「スペシャルで登場してくれた子が1年、2年後に急に伸びてすごい選手になっちゃった、と驚くことがよくある。この番組に参加してくれた人がオリンピックのメダル候補になったり、メダルを獲ってくれるとうれしいよね。可能性があることだと思うので、すごく楽しみにしています」と、期待を寄せる。

 2020年東京オリンピック開催まで3年を切ったこの秋から始まるレギュラー放送でも、大人顔負けの天才スポーツキッズが続々と参戦。かつてメダルを獲得したレジェンドや東京オリンピックへ向けてライバルとなるかもしれない現役トップアスリートと対決する。種目によっては、ビートたけし大会委員長やナインティナインが参戦する可能性も(?)。

 たけしは「27年前と同じというわけにはいかないけど、自分がやれそうな競技には参加したい。ジジイの力で目に物を見せてやります! ご期待ください! でも、やっぱりゴルフぐらいかな。あとはデカいラケットを持って立っているだけとか(笑)」と、やる気満々。

 「俺は100メートルを走ったりするのではなく、体力に応じた司会をするだけ。参加する人たちを叱咤激励していればいいかな。ただ、テレビ効果というのか、テレビで映像が流れたりすると選手たちは思わぬ力を出してくれる時がある。そんないい効果があるので選手たちには期待しているよ」と、エールを送っている。

 15年にスペシャル番組が復活してから活躍してきた100メートル走用の人形の北野暴流闘(きたの・ぼると)君。モデルになったウサイン・ボルトが今年の世界陸上で引退してしまったことについては、「ちょっと手直しして『サニブラウン君」とか、『なんとか飛鳥君』とか名前を変えちゃえばいい(笑)。なんだったら『ボブ・ヘイズ君』でもいいし、カール君を復活させてもいいかな。呼び方を変えれば大丈夫(笑)」と、話していた。



関連写真

  • テレビ朝日の伝説のスポーツバラエティー、27年ぶりにレギュラー復活『ビートたけしのスポーツ大将』(秋スタート)。さらなる“金メダルの卵”発掘へ(C)テレビ朝日
  • ナインティナインが出演(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日の伝説のスポーツバラエティー、27年ぶりにレギュラー復活『ビートたけしのスポーツ大将』(秋スタート)。さらなる“金メダルの卵”発掘へ(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日の伝説のスポーツバラエティー、27年ぶりにレギュラー復活『ビートたけしのスポーツ大将』(秋スタート)。さらなる“金メダルの卵”発掘へ(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日の伝説のスポーツバラエティー、27年ぶりにレギュラー復活『ビートたけしのスポーツ大将』(秋スタート)。さらなる“金メダルの卵”発掘へ(C)テレビ朝日

オリコントピックス