• ホーム
  • 芸能
  • 『新海誠展』11月から国立新美術館で開催 国立の美術館初となる現役アニメ監督展

『新海誠展』11月から国立新美術館で開催 国立の美術館初となる現役アニメ監督展

 アニメーション映画監督・新海誠のデビュー15周年を記念した展覧会『新海誠展 −「ほしのこえ」から「君の名は。」まで−』が11月11日より東京・国立新美術館で開催される。国立の美術館で現役アニメ監督の展覧会が開催されるのは史上初。

 本展は新海監督の15年におよぶ軌跡を、貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物などを通じて紹介。個人制作の『ほしのこえ』から、集団制作に挑み初の長編作品にして毎日映画コンクールで受賞した『雲のむこう、約束の場所』、今もなお熱狂的に語り継がれる『秒速5 センチメートル』、本格ジュブナイルファンタジー『星を追う子ども』、デジタル時代の映像文学『言の葉の庭』、そして昨年公開し記録的な大ヒットとなった『君の名は。』までを完全網羅し、新海アニメーションの魅力に迫る。

 本展は6月3日の静岡・大岡信ことば館からスタートし、長野・小海町高原美術館を経て、このたび東京・国立新美術館の開館10周年を記念し同美術館への巡回が決定。11月11日(土)から12月18日(月)まで企画展示室2Eで開催される。



オリコントピックス