• ホーム
  • 芸能
  • 壇蜜、宮城県のPR動画騒動に心境 再生数“好調”も「批判受け入れるべき」

壇蜜、宮城県のPR動画騒動に心境 再生数“好調”も「批判受け入れるべき」

 タレントの壇蜜(36)が27日、TBS系『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前9:54)に出演。自身が出演していた宮城県のPR動画が、性的な表現を思わせ「卑猥だ」などと批判を受け、公開終了となったことに心境を語った。

 問題の動画は「仙台・宮城『伊達な旅』夏キャンペーン2017」用のPR動画として製作され、7月5日から公開されていた。壇蜜が伊達家家臣の子孫「お蜜」に扮(ふん)し、牛タンやずんだ餅などの宮城名物を妖艶な表現でPRしているが、ネットではこの表現に対し批判が相次ぎ、宮城県議会の野党側からも動画の削除が要請された。動画自体は話題を呼び再生数460万回を突破していたが、きのう27日、公開が終了した。

 この日心境を問われた壇蜜は「(動画が)一定の役割を果たしたということで、タレントとして私の役目はとりあえず終了した、という気持ちです」と振り返った。批判を受けたことで結果的に動画の再生数も好調だったが、「決してアクセス数の上にあぐらをかいてはいけない。批判があったことは私も県知事も製作担当の方も受け入れないといけないし、話題になってよかった、460万回再生されたから、集客伸びたから結果オーライじゃない?、ということをわたしたちが主張しては絶対にいけない」と、神妙な面持ちで語った。

 一方、番組出演者の西川史子からは「(動画で)亀の上に乗った時『気持ちいい』などと言うことは、私にはできないし違和感がある」と、動画の演出を受け入れたことに疑問の声が上がったが、これには「それは、壇蜜というタレントを選んでもらったお仕事としてできるかぎりのことをやったので、そこに関して自分が良いとか悪いとか言うのはおかしいと思いました」と主張していた。



オリコントピックス