• ホーム
  • 芸能
  • 漫画家・中村光氏、『十二大戦』描き下ろし応援イラスト到着

漫画家・中村光氏、『十二大戦』描き下ろし応援イラスト到着

 10月3日より放送開始となるアニメ『十二大戦』の原作小説イラストレーションを担当した中村光氏の描き下ろし応援イラストが公開された。中村氏が十二戦士を描くのはテレビアニメ化発表後、初めて。

 お披露目の場は、米カリフォルニア州サンタクララで開催中の、海外で日本のアニメなどを提供する配信サービス「クランチロール」のファンイベント『CRUNCHYROLL EXPO』。「子」の戦士・寝住役の声優・堀江瞬、「寅」の戦士・妬良役の五十嵐裕美、プロデューサーの松村一人氏(エイベックス・ピクチャーズ)が登壇した、トークイベントで解禁された。

 イベントでは、堀江が「原作小説では描かれていない部分もアニメでは描かれます。そこにも期待していてほしいですし、魅力的なキャラクターが揃っているので、好きなキャラが見つかると思います。好きなキャラがいつまで生き残るのか…ぜひしっかりと見届けてください!」と呼びかけ、五十嵐も「グラフィニカの映像美、椎名豪が作曲するクオリティの高い楽曲にも注目してください!」と作品の魅力を伝えた。

 松村プロデューサーは「今までとは違うアプローチのバトルシーンになると思います。CGにも期待していてください。見どころ満載のハイブリッドアニメーションになると思います」とアピールしていた。

 同アニメは、2015年5月19日に集英社より刊行された小説「十二大戦」が原作。小説を西尾維新氏(『化物語』『掟上今日子の備忘録』『悲鳴伝』『美少年探偵団』)、イラストレーションを中村氏が担当した、殺し殺される戦士たちの物語。その殺し合いを生き延びた者は、どんな願いでもたったひとつだけ叶えることができる。戦いの名は「十二大戦」。参加者は「子」「丑」「寅」「卯」「辰」「巳」「午」「未」「申」「酉」「戌」「亥」の十二人の異様なる戦士たち。最後に生き残る者は誰か? 策謀と殺戮の渦巻く戦場で、流れるのは誰の涙か? 魂を揺さぶるバトルロイヤルが開戦する。

■放送情報
AT-X:10月3日スタート、毎週火曜 後11:30〜※リピート放送あり
MBS:10月3日スタート、毎週火曜 深2:30〜
TOKYO MX:10月5日スタート、毎週木曜 深0:00〜
BS11:10月5日スタート、毎週木曜 深0:30〜

■公式サイト
http://12taisen.com



オリコントピックス