• ホーム
  • 芸能
  • 野村周平『27時間テレビ』ドラマ3作品に出演「とても光栄」

野村周平『27時間テレビ』ドラマ3作品に出演「とても光栄」

 俳優・野村周平が9月9日・10日に放送されるフジテレビ系『FNS27時間テレビ にほんのれきし』内の時代劇ドラマ3作品に出演することが決定した。野村は「源氏物語」をアレンジした平安ドラマ『源氏さん! 物語』、バカリズム脚本の戦国ドラマ『僕の金ケ崎』と幕末ドラマ『私たちの薩長同盟』で全く違った3役を演じ分ける。

【写真】その他の写真を見る


 平安ドラマ『源氏さん! 物語』では野村演じる“俳優・野村周平”がひょんなことから平安時代にタイムスリップ。かの有名な光源氏(城田優)は、実は女性経験ゼロで妻をたくさん娶(めと)らなければならないというプレッシャーに苛(さいな)まれていた。そんな彼は一刻も早く女性と関係を持つべく、陰陽師の空斎(八嶋智人)とその弟子・美琴(木南晴夏)の魔術を使って、野村を指南役として平安時代に召喚してしまう…。このほか、笛木優子恒松祐里西堀亮(マシンガンズ)、竹中直人西田尚美美保純村松利史丸山智己高岡早紀が脇を固める。

 戦国ドラマ『僕の金ケ崎』では、鈴木福演じる現代の中学生男子・田中が、歴史の授業中に妄想を膨らませることから、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、明智光秀ら“戦国時代四傑”が一堂に会して戦ったことで有名な“金ヶ崎の戦い”を“もしかしたらこうだったかも”というバカリズム流解釈で、戦国時代のとある一戦が描かれる。野村は、田中が受ける歴史の授業で教壇に立つ先生をさわやかに演じる。

 もうひとつのバカリズム脚本ドラマ『私たちの薩長同盟』では、坂本龍馬の親友である幕末の土佐の志士・中岡慎太郎を演じる。“薩長同盟の立役者は彼らの妻たちだった”という解釈で描く同作では、はっきりしない男たちに代わって、女たちが持ち前の女子トークで整えていく“バカリズム流薩長同盟“となっている。

 バカリズム作品2作について野村は「とてもコミカルで面白かったです。撮影しながら自分が初めて知った日本の歴史のこともありましたし、“この時はきっとこうだったんじゃないか”などと考えながら撮影ができて楽しかったです」と満足げ。

 『源氏さん!物語』の撮影はこれからとあって「平安時代にタイムスリップし、モテない光源氏に手取り足取りいろいろな恋愛アドバイスをするということで、今までに経験のない役どころのため緊張していますが、監督にも相談しながら思いっきり演じきりたいと思います」と意気込み。「また、今回城田さんをはじめ、素敵な先輩方と共演させていただけるので、皆さんから多くのことを吸収できるよう僕自身も頑張ります」とコメントした。

 「今回の『FNS27時間テレビ』内のドラマ3本全てに出演させていただけるということでとても光栄に思います。テーマが“にほんのれきし”ということで、“れきし”というと僕もですが、どうしても難しく捉えてしまいがちなのですが、この作品たちはそういった方々にでもとても見やすいドラマになっていると思いますので、皆さんぜひご覧ください!」と呼びかけている。



関連写真

  • 『FNS27時間テレビ にほんのれきし』内の特別ドラマ3本全てに出演する野村周平
  • 『FNS27時間テレビ にほんのれきし』内の特別ドラマ『源氏さん! 物語』に出演する野村周平
  • 『FNS27時間テレビ にほんのれきし』内の特別ドラマ『僕の金ケ崎』に出演する野村周平
  • 『FNS27時間テレビ にほんのれきし』内の特別ドラマ『私たちの薩長同盟』に出演する野村周平
  • 『FNS27時間テレビ にほんのれきし』内の特別ドラマ『源氏さん! 物語』に出演する野村周平

オリコントピックス