• ホーム
  • 芸能
  • 真木よう子、コミケに向け出資者と雑誌制作へ 800万円と意見募る“出版プロジェクト始動”

真木よう子、コミケに向け出資者と雑誌制作へ 800万円と意見募る“出版プロジェクト始動”

 女優の真木よう子(34)が25日、クラウドファンディングプラットフォーム『CAMPFIRE』にて「フォトマガジン出版プロジェクト」をスタートさせた。同日より目標金額800万円を募り“出資者”とともに1冊のフォトマガジンの制作と出版を試みる。

【写真】その他の写真を見る


 真木は「初めまして。ワタクシ、通り名・真木よう子と申します。『コミックマーケット93』に向けて、フォトマガジン(ZINE)を作ろうと、試みて居ります」とあいさつし「此れは、個人。『真木よう子』としての活動で御座います。出版社を挟まず、皆様の御希望の写真、ワタクシの本音。等、多数載せる予定で御座います」と説明。

 今回、クラウドファンディングを利用したことについては「こうした雑誌を皆様と一緒に作り上げたいと思い立ったからです」と明かし「雑誌のタイトル・内容も、未だ何も決まって居ませんので、是非、皆様の意見・要望をお送り下さい。誠に申し訳御座いませんが本プロジェクトへの御支援御鞭撻。宜しく御願い致します」と呼びかけている(※コメントはすべて原文ママ)。

 フォトマガジンの仕様はA5(天地210ミリ×左右148ミリ)、オールカラーで本文320ページ。スタッフには、撮影に鈴木心氏、インタビュアーに吉田豪氏、編集に北尾修一氏、デザイナーは未定。『CAMPFIRE』によると、雑誌制作はすでに決定しており、これから出資者たちの意見や要望などを参考に着手し、募った金額は主に出版の方に使用する予定だという。

 クラウドファンディングの目標金額800万円。受付期間はきょう25日から9月28日午後11時59分まで。返礼品としては一例として「フォトマガジンのオリジナルTシャツ」(5000円)、「誌面への名前クレジット権」(1万円)、「本誌の撮影ロケ地決定権」(50万円)などをあげている。



関連写真

  • 「フォトマガジン出版」プロジェクトを開始する真木よう子
  • 「コミックマーケット93」に向けてフォトマガジンを作る真木よう子
  • 「フォトマガジン出版」プロジェクトを開始する真木よう子

オリコントピックス