• ホーム
  • 芸能
  • SHINee・テミン、日本のドラマ初出演 松田翔太と刑事ドラマ

SHINee・テミン、日本のドラマ初出演 松田翔太と刑事ドラマ

 俳優の松田翔太と、韓国の男性5人組グループ・SHINeeテミンが初共演するドラマシリーズ『ファイナルライフ−明日、君が消えても−』が、9月8日よりAmazonプライム会員向け映画やドラマの見放題サービス「プライム・ビデオ」で独占配信される。2人はこのドラマで初共演、テミンは今回初めて日本のドラマに出演することになる。

 テミンは「はじめて日本のドラマに出演しましたが、日本語や英語のせりふに奮闘しながら頑張りました! 言葉以外での細かい表現がたくさん必要な役柄だったので難しかったですけど、悩んだりアドバイスを聞いたりしながら頑張ったので、ぜひ楽しみにしていてください!」と、コメントを寄せた。

 同作は、アジアを代表する2人が繰り出すアクション、悲哀、そして運命の愛を、世界に通用するスケール感で描く人間ドラマシリーズ。まったく違った境遇で人生を歩んできた2人の男が出会い、警察の秘密組織「特殊班」として同じチームで次々と起こる難事件を解決していく。

 『LIAR GAME』シリーズや『ディアスポリス』をはじめ、数多くの映画やテレビドラマで活躍し、CMではコミカルな一面も披露している松田が演じるのは、失踪した母親を探しながらも現在は特殊班のエースとして日々命がけの事件を追う刑事となった男・川久保稜。母親からの愛に恵まれず貧困に苦しみ、最愛の弟を失うという悲しい過去を背負っている。

 9月には東京・大阪でのドームツアーを控え日本でも人気のSHINeeのメンバーであり、ソロとしても7月に武道館公演を成功させたばかりのテミンが演じるのは、ソン・シオン。アメリカで最高レベルの医大を首席で卒業するほどの頭脳を持ち、最愛の彼女と幸せな日々を過ごしていた折、脳にある怖ろしい実験を施されすべての記憶を失ってしまう。

 Amazonプライム・ビデオ コンテンツ事業本部長、アジア・パシフィック リージョナルヘッドのジェームズ・ファレル氏は「全く境遇の違う不揃いなコンビが紡ぎ出す、スリリングかつ切ないドラマの行方から目が離せないことでしょう」とアピールしている。

 さらに共演者として、2人がともに愛することとなる運命のヒロイン・綾辻佳菜役に、ドラマ『美男ですね』(日本版)や福田雄一氏の演出舞台『ヤングフランケンシュタイン』などで活躍する女優・瀧本美織。稜とシオンが所属する特殊班のメンバーには、TEAM NACS戸次重幸(浅田拓人役)、野波麻帆(叶理沙役)、班長・本田賢一役を哀川翔が演じる。

 同シリーズは全12話で構成され、毎週金曜日に1話更新での配信を予定(初回のみ1・2話同時配信)。Amazonプライム会員は、プライム・ビデオの無料アプリを利用して、Android/iOS端末、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Fireタブレット、ゲーム機、スマートテレビにて視聴、またはダウンロードできるほか、オンライン(www.amazon.co.jp/primevideo)でも視聴が可能。



オリコントピックス