• ホーム
  • 映画
  • 憑いてきちゃった… “呪いの人形”アナベルが大ヒット&宣伝活動安全祈願

憑いてきちゃった… “呪いの人形”アナベルが大ヒット&宣伝活動安全祈願

 実在する呪いの人形“アナベル”誕生の秘密に迫るホラー映画『アナベル 死霊人形の誕生』(10月13日公開)の大ヒット&宣伝活動安全祈願が23日、東京・赤城神社で行われた。劇中では、逃げても捨てても“憑(つ)いてくる”アナベルの恐ろしさが描かれるが、この日も宣伝チームのあとを“憑いて”きてしまい、一緒に祈祷に参加した。

【写真】その他の写真を見る


 映画のタイトルにもなっているアナベルとは、“史上最も呪われた人形”として、現在も米・コネティカット州のオカルト博物館に保管されている。神父によって月2回の祈祷が実施されるほど、強力な呪いの力を持つ存在だ。

 終始厳かな雰囲気のなかで行われた祈祷中は、心なしかアナベルもいつもより神妙な面持ち(?)に。最後は宮司や巫女に囲まれ、お札を抱えて写真撮影を行った。

 同作の製作は、人気ホラー映画『ソウ』『死霊館』から『ワイルド・スピード SKY MISSION』まで手がける稀代のヒットメーカーのジェームズ・ワン氏。監督は、長編デビュー作『ライト/オフ』が高い評価を集めたデイビッド・F・サンドバーグ氏が務める。すでに公開中の全米では大作を抑えて初登場1位を飾り、公開から7日間で全世界興行収入1.1億ドルを突破した。

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC



関連写真

  • 大ヒット&宣伝活動安全祈願を行った”呪いの人形”アナベル
  • 大ヒット&宣伝活動安全祈願を行った”呪いの人形”アナベル
  • お札を持って写真撮影
  • 大ヒット&宣伝活動安全祈願を行った”呪いの人形”アナベル
  • 『アナベル 死霊人形の誕生』は10月13日公開
タグ

オリコントピックス