• ホーム
  • 芸能
  • 46歳10ヶ月で出産の加藤貴子「奇跡」と「祝福」に感謝

46歳10ヶ月で出産の加藤貴子「奇跡」と「祝福」に感謝

 きのう22日午後4時半過ぎに帝王切開で第2子となる3124グラムの男児を出産した女優・加藤貴子(46)が23日、自身のブログを更新。改めて報告するとともに「たくさんのお祝いメッセージ、ありがとうございます」と感謝の言葉をつづった。

 「まだ朦朧としてますが…」という加藤は「旦那さんが読み上げてくれる皆さんからのメッセージのおかげで、回復力がアップしております」と現状を報告。術後、担当医に「実は…命懸けの手術でしたが、癒着もなく奇跡的に子宮も温存できて、出血も少なくすみ、想定していたリスクを全て回避出来ました」と言われたといい「皆さんに祈っていただいたおかげです 奇跡をありがとうございました」と感謝した。

 続けて「私と赤ちゃんを救うために敏腕ドクターの皆さんが集結して、手術してくださったことに感謝いたします」と記し「私は個室に戻って来ましたが、赤ちゃんはまだICUです。でも、凄く元気だそうです。繋がれていた管も取れてバタバタしているそうです。36週で全前置胎盤で産まれた赤ちゃんの中では、病院新記録の大きさと言われました」と明かした。

 「もうすでに親バカになっています」という加藤。「私はまだ会えない状況ですが、早く赤ちゃんに会えるように全力で回復したいと思います」と願い「家族や先生方、まわりの協力、そして私の妊活をあたたかく見守ってくださった方たちのおかげで、46歳10ヶ月で無事に出産出来ました。本当に感謝しております。ありがとうございました!!」と結んだ。

 2014年11月に44歳で第1子となる男児を出産した加藤は、昨年2月から妊活を再開していたというが、今年3月のブログで夫の“男性不妊”を告白。同世代の妊活、不妊治療をしている女性や夫婦から大きな反響を呼んでいた。



オリコントピックス