• ホーム
  • 芸能
  • チャン・グンソク、一年の3分の1は日本に滞在 きっかけはSMAP

チャン・グンソク、一年の3分の1は日本に滞在 きっかけはSMAP

 韓国出身の俳優チャン・グンソクが26日放送の関西テレビ・フジテレビ系バラエティー番組『おかべろ』(毎週土曜 後2:24)に出演する。初の海外ゲストとなるグンソクだが、今は一年のうち4ヶ月は日本に滞在。日本を意識するようになったきっかけについて韓国にいた中学生の頃に、アイドルグループSMAPが演技、歌、バラエティーと多方面で活躍している姿をテレビで見て「全部をこなせるエンターテイナーになりたかった」と憧れを抱いたそう。SMAPがきっかけで「『絶対に日本に行きたい!』と思った!」と告白した。

【写真】その他の写真を見る


 同番組はテレビ局近くのダイニングバーを舞台に常連客のナインティナイン岡村隆史と店主・ロンドンブーツ1号2号田村亮が、有名人から“ここだけ”の話を引き出すシチュエーショントークバラエティー。この日、グンソクに招かれて、店へと導き入れられたのは本に来るときに行動を共にするというSP。スーツに身を包み、険しい表情のSPに岡村と田村は思わず「誰?」と戸惑いの表情。

 日韓をフィールドにマルチに活躍するグンソクだが両国の芸能界の違いについて「韓国ではマネージャーと24時間一緒にいるのも当たり前!」と説明。「僕の内緒やプライベートを全部知っているから、辞めたらダメです!」と断言し、マネージャーに頭が上がらないようで、いつも「“会長”、お疲れさまでした!」などとあいさつし、丁寧に接していると話す。亮は「きょうなんて、一人で来て、一人で着替えて、弁当が4つあって…『こんな来ぉへんわ!』(と思った)」と、よしもととの対応の差を嘆いた。

 この他「料理は自信がある!」と豪語するグンソクは、岡村と亮のために特製の「プデチゲ」を振る舞うことに。しかし韓国料理に欠かせない唐辛子にもこだわりがある彼が用意したとっておきの辛味調味料に2人は悶絶。グンソクの「焼酎を飲みたくなった!」と発言からスタッフが気を利かせて焼酎を用意したものの、思わぬハプニングに発展する。



関連写真

  • 26日放送の関西テレビ『おかべろ』に出演するチャン・グンソク (C)関西テレビ
  • 26日放送の関西テレビ『おかべろ』に出演するチャン・グンソクと岡村隆史 (C)関西テレビ
  • 26日放送の関西テレビ『おかべろ』に出演するチャン・グンソク (C)関西テレビ
  • 26日放送の関西テレビ『おかべろ』チャン・グンソクが初登場(C)関西テレビ
  • 26日放送の関西テレビ『おかべろ』チャン・グンソクが初登場(C)関西テレビ
  • 26日放送の関西テレビ『おかべろ』チャン・グンソクが初登場(C)関西テレビ
  • 26日放送の関西テレビ『おかべろ』チャン・グンソクが初登場(C)関西テレビ

オリコントピックス