• ホーム
  • 芸能
  • トータル大村、不倫同士の宮迫に旗頭役を希望「宮迫さんぐらいガツンと言って」

トータル大村、不倫同士の宮迫に旗頭役を希望「宮迫さんぐらいガツンと言って」

 お笑いコンビ・トータルテンボスが23日、都内で芸歴20周年記念『20個のいたずら』の記者会見を開いた。4月発売の『フライデー』で不倫を報じられた大村朋宏は、今月発売の『週刊文春』で不倫騒動が掲載された雨上がり決死隊・宮迫博之に「同士としては宮迫さんぐらいのポストの人にはガツンと言ってほしかった」と止まらない不倫騒動に対する強気なコメントを求めた。

【写真】その他の写真を見る


 報じられた直後から関係を認めており、吹っ切れた様子の大村は、この日もフライデーを随所にネタにして笑いを誘った。一方の宮迫は2人で泊まったものの、黒ではなくオフホワイトで「一線は超えていない」と、あいまいな釈明。そんな宮迫にアドバイスを求められると大村は「僕が何も言えることはない」としつつも「黒ですもんね」とチクリ。

 続けて「宮迫さんの事情もあるけど、同士としては宮迫さんぐらいのポストの人にはガツンと『お前たちには悪いことしてないだろ』ぐらい言ってほしかった。『嫁さん、子どもには悪いことした。周りがガヤガヤ言うな』ぐらいのね。宮迫さんぐらいがガツンと言ってくれたら同士としては『宮迫さん、ありがとうございます』ってなる」と世間を賑わす不倫界の旗頭になるように要望した。

 そんな勝手な大村に相方・藤田憲右は「それはダメでしょ。そんな風に思う時点でダメ。周りにも世間にも迷惑をかけている。人間的にダメなんです」とバッサリ。しょんぼりした大村は「だから絶対、藤田はバレないでほしい。隠し通して」と相方も不倫している設定でトークし、藤田から「やってないよ」とツッコまれていた。

 また、藤田は大村のフライデーをドッキリだと思っていたことも明かした。発売前に大村が謝罪の電話をかけると「仕方ない。お笑い芸人だし、俺が出ちゃってもおかしくないのに、お前が出ただけ」と擁護。感激した大村だったが、いざ発売当日になると藤田は「やってくれたな!」と態度を豹変させたという。

 当時を振り返った藤田は「電話の向こうでカメラが回ってて、そういうドッキリのときに相方はどんなリアクションをするかを試されていると思った。めっちゃいいヤツでいってやろうと。そしたら金曜日の朝にコンビニ行ったらホントに並んでいるからマジだったんかって思って。この先、どうなるんだ、俺らってなった」とドッキリを仕掛けられ過ぎた弊害を語っていた。

 この日は結成20周年を記念して大村が藤田に「20個のいたずら」を敢行。バレバレなのも複数あったが喜んで藤田は引っかかり、会場を大きく沸かせていた。また、全国ツアー『YAGYU』も開催。9月9日の熊本・くまもと森都心プラザを皮切りに12月29日の大阪・梅田芸術劇場シアタードラマシティまで全国19会場で20公演を行う。さらに9月6日にはDVD『トータルテンボス全国漫才ツアー2016「脱帽」』も発売する。



関連写真

  • “不倫同士”の宮迫にコメントしたトータルテンボス・大村朋宏 (C)ORICON NewS inc.
  • ケーキの下から永田裕志(新日本プロレス)が出てくるというドッキリを仕掛けられる藤田憲右 (C)ORICON NewS inc.
  • ドッキリ後の決めポーズ「テッテレー」 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)藤田憲右、大村朋宏、永田裕志=芸歴20周年記念『20個のいたずら』の記者会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 芸歴20周年記念『20個のいたずら』の記者会見を開いたトータルテンボス(左から)藤田憲右、大村朋宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 芸歴20周年記念『20個のいたずら』の記者会見を開いたトータルテンボス(左から)藤田憲右、大村朋宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 芸歴20周年記念『20個のいたずら』の記者会見を開いたトータルテンボス藤田憲右 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス