• ホーム
  • 芸能
  • ディズニー短編最新作『ファイアボールユーモラス』 BS「Dlife」で放送

ディズニー短編最新作『ファイアボールユーモラス』 BS「Dlife」で放送

 ディズニーの人気短編アニメーションシリーズ『ファイアボール』の最新作『ファイアボールユーモラス』が、BSテレビ局「Dlife」で10月6日(後9:55〜)より日本初放送される。Dlifeの開局5周年を記念して6年ぶりに製作される新作で、10月より毎月1話ずつ3ヶ月連続で放送。

 「ファイアボール」シリーズは、ディズニーが日本市場に向けた初の独自コンテンツとして、2008年4月に第1作目となる『ファイアボール』が放送。ハイペリオンと呼ばれる機械貴族の少女ドロッセルと、その執事ゲデヒトニスの日常が描かれる短編アニメーションで、スタイリッシュなキャラクターデザインや謎めいた舞台設定、主人公ロボット2体のどこかかみあわないおかしな会話が話題に。11年には第2作目となる『ファイアボールチャーミング』が放送。1話約2分のギャグアニメーションながら、繰り返し見ることでいろいろな発見が得られるクオリティーが、幅広い視聴者層から高い評価を得た。

 最新作のプロデュース・脚本・監督は荒川航氏、メカニカル/キャラクターデザインは、前作に引き続き柳瀬敬之氏が担当。ゲデヒトニス役には大川透、ドロッセル役には川庄美雪と、ファンからの支持の高いスタッフ・キャストが再集結した。

 また、「ファイアボール」シリーズ全26話を「Dlife見逃し配信サービス」、「Disney公式YouTubeチャンネル」、「GYAO!」の3つのプラットフォームで、最新作の初放送(10月6日 後9:55)まで無料で一挙配信中。ツイッターで感想文を投稿すると限定オリジナルグッズが当たる「視聴感想文コンクール」も同時開催している。

■「ファイアボールユーモラス」スペシャルサイト
Dlife.jp/fireball



オリコントピックス