• ホーム
  • 芸能
  • サッカー日本代表・吉田麻也、地道なトレーニングをテレビ初公開

サッカー日本代表・吉田麻也、地道なトレーニングをテレビ初公開

 TOKIOのリーダー・城島茂がメインMCを務めるテレビ朝日系生放送情報番組『週刊ニュースリーダー』(毎週土曜 前6:00〜8:00)。26日の放送では、城島自らスタジオを飛び出し、さまざまなジャンルのリーダーを取材するコーナー「ニッポンの仕事人 週刊リーダー列伝」に、勝てばワールドカップ出場が決まるワールドカップアジア最終予選・対オーストラリア戦(8月31日、埼玉スタジアム2002)を控える、サッカー日本代表“不動のセンターバック”吉田麻也が登場する。

 城島は、フィジカルトレーナーの杉本龍勇コーチの指導で基礎トレーニングに励む吉田を直撃取材。これまで基礎トレーニング中の取材は「断っていた」という吉田。今回がテレビ初公開となる。

 そこで行われていたのは、試合での一歩目の動き出し、加速度を高めるための基礎トレーニング。見た目には膝を高く上げてリズミカルに歩くだけのような動作を繰り返しているだけの地味なトレーニングだが、実はこれが難しく、かつキツイ。さっそく城島もやってみるが、少し続けただけで「筋肉痛になる!」と悲鳴をあげたほど。杉本コーチによると、「全力疾走のときにしか使わない、日常生活ではほとんど使わない筋肉を使うから」。地道に続ければ確実に変わるそうで、吉田も「おかげで試合中に(相手FWの)スピードに置き去りにされることがなくなった」と、その成果を実感しているという。

 「今はテレビでトップクラスの試合を子どもたちが気軽に見られるようになりました。海外サッカーを身近に感じつつ、海外リーグでプレーする選手たちはしっかりトレーニングしないと競争に勝っていけない、ということを知ってほしいですね。そういう意味でも今日のようなトレーニングを見てもらえれば、と思ったので良かったです」(吉田)。

 続いて城島は、ボールを使った練習にも挑戦。吉田のセンタリングに合わせてヘディングシュートやボレーシュート、逆に吉田のシュートをゴールキーパーとしてセーブに挑むといった“初体験”に興じた。

 サッカー体験後のトークでは、オーストラリア戦の話題が。「今までオーストラリアに最終予選で勝ったことはなく、最終予選の初戦で負けたチームは予選を突破していません。でも、今度の試合に勝って、それらのデータを塗り替えたい。僕ら日本代表がアジアで秀でているところを見せてワールドカップの切符を手にしたいですね」と、毅然と語る吉田。日本代表でキャプテンを任されるようになったいきさつから、キャプテンになっての心構え、プレミアリーグ、サウサンプトンでもキャプテンを務めた経験から日本と海外チームのキャプテンシーの違いなどにも言及し、「これまで以上にもっと自分のキャラクターを強く出してチームを強くできるような存在になりたい」と、話す。

 さらに、サッカーを始めたきっかけからヨーロッパへの挑戦、そして結婚など、プライベートについても質問を畳み掛ける城島。吉田は「娘が生まれてから(サウサンプトンで)リーグ戦に出場できるようになりました。娘が運を運んできてくれたと僕は思っています」と、きっぱり。その娘には「サッカー選手や野球選手と付き合ってほしくない」といった本音(?)をもらすひと幕も。「日本代表に合流して2〜3週間会えないと寂しいですね」、「代表でも同世代が多いので子どものことで情報交換をしたりします」と父親の顔を見せる吉田の話を、城島は穏やかな笑みを浮かべて聞き入っていた。

 城島は「吉田さんとお話しさせていただいて、一流というより超一流、その中でもストイックな方だと感じました。そこまでしないと世界と戦えないのか、世界で活躍できないのか、と。すべては地道なトレーニングがあってこそ。どんなことでも基礎が大切だと思いました」と、感心しきりだった。

■ネット局
秋田朝日放送、瀬戸内海放送、九州朝日放送、新潟テレビ21、福島放送、長野朝日、静岡朝日



関連写真

  • 8月26日放送、テレビ朝日系『週刊ニュースリーダー』MCの城島茂(TOKIO)がサッカー日本代表の守備の要、吉田麻也のトレーニングを直撃取材(C)テレビ朝日
  • 瞬間的なスピードを高めるための基礎トレーニングを初公開(C)テレビ朝日

オリコントピックス