• ホーム
  • 芸能
  • 佐藤浩市、6年ぶり連ドラ主演 江口洋介と本格初共演

佐藤浩市、6年ぶり連ドラ主演 江口洋介と本格初共演

 俳優の佐藤浩市が11月からWOWOWにてスタートする『連続ドラマW 石つぶて〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜』(毎週日曜 後10:00※全8話)で、2011年テレビ朝日系『陽はまた昇る』以来6年ぶりとなる連ドラ主演を果たすことがわかった。清武英利氏による書きおろしノンフィクションを原作に、2001年に発覚し、政官界を揺るがした『外務省機密費詐取事件』に挑んだ“名も無き刑事”を演じる。ともに捜査を進める上司には俳優・江口洋介が起用され、佐藤と本格初共演を果たす。

【写真】その他の写真を見る


 江口主演『連続ドラマWしんがり〜山一證券最後の聖戦〜』で山一證券倒産の裏で最後まで闘い続けた社員たちの軌跡を、緻密な取材を重ね、著書としてまとめたノンフィクション作家・清武氏が新たな題材として選んだのが、『外務省機密費詐取事件』。消えた10億円と沈黙する官邸・外務省――。これを映像化すべく『しんがり』のオールスタッフが再集結。機密費という国家のタブーを追及する捜査二課の刑事・木崎睦人(佐藤)と無骨な木崎と相反しながらも協力していく上司・斎見晃明役に江口が挑む。

 骨太な社会的テーマに向き合うことになった佐藤は「このような企画に挑んだスタッフの気概に応え、映像としてしっかりお届け出来るようにしたいと思っています。背骨がリアルな物語のため、ヒリヒリとしたリアリズムを大切に、いかに我々が血として、肉として演じられるか、が勝負だと感じています」と使命感を燃やす

 「日本人は、喉元過ぎるとこのような大きな事件も忘れてしまう。でも、それではいけない。敢えて今、この事件を振り返ることで、こんなことが行われている日本に対し、我々国民がちゃんと自分たちに関係があることとして、声高に意見をぶつけていかなければならないのだとこの脚本を読み、改めて実感しました」と作品の持つメッセージ性に共感を示した。

 『しんがり』に続き、実在の事件をもとにタブーに踏み込んでいく江口は「緊張感と共にやりがいを感じています」と心境を明かす。「僕たち国民が知り得なかった国家の暗部に石を投げ続けた刑事たちの姿を、観てくださる方々に気持ち良く感じ取っていただけるよう、1シーン1シーン積み重ねていきたいと思います」と意気込みをみせている。



関連写真

  • WOWOWの連続ドラマ『石つぶて 警視庁二課刑事の残したもの』に主演する佐藤浩市(左)と共演の江口洋介
  • 清武英利著『石つぶて 警視庁二課刑事の残したもの』(講談社刊)書影

オリコントピックス