• ホーム
  • 芸能
  • 外交官志望から下着業界に転身 出店依頼殺到のランジェリーデザイナーに密着

外交官志望から下着業界に転身 出店依頼殺到のランジェリーデザイナーに密着

 さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、意識・無意識にかかわらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、掘り下げていく関西テレビ・フジテレビ系ドキュメンタリー『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00〜11:30)。22日放送分では、外務省から下着業界へ転身したランジェリーデザイナー、栗原菜緒さん(33)に密着する。

【写真】その他の写真を見る


 3年前、デザイナー兼経営者として自身のブランドNAO LINGERIE(ナオランジェリー)を立ち上げ、下着業界に新規参入を果たした。締めつけないのに美しい機能性とデザイン性を併せ持つ下着が業界の注目を集め、今では全国の大手百貨店から毎月のように出店依頼が殺到する人気ぶりだ。

 彼女がランジェリーのとりこになったのは、中学生の時。下着をフィッティングしてもらった自分の姿を見て、素の自分のきれいさを引き出してくれるものだと実感できたからだ。29歳で起業した彼女だが、学生時代には別の夢があった。学習院大学で政治外交を専攻し、在学中にアメリカのオレゴン大に留学。日米関係史を学んだが、アメリカでの生活から「日本の地位をもっと上げなくてはいけない」と痛感し、外交官の道を目指した。大学卒業後は外交官試験の勉強のため、就職せずに外務省でアルバイトを始めたが、自分一人で国同士の関係性を変えるのは難しい…と実感したという。その後、「自分の好きなことを仕事にした方がいい」という知人のアドバイスで、元々大好きだったランジェリーの世界で起業することを決めたのだった。

 取材中のある日、彼女は新商品のカタログ撮影のため、モデルを探していた。写真で絞った2人にオーディションを行なうが、彼女がモデルを選ぶに当たり、最も注目したポイントとは? また経営者ならではの休日のハードな過ごし方や、私物ランジェリー100着が入っている自宅のタンスも公開。下着デザイナーならではの視点で、おすすめの勝負下着について語る。新規参入が難しいといわれる下着業界で、着々とポジションを築きつつある彼女にとって、日々の活動の原動力となる下着への思い、そして「セブンルール」とは?

 スタジオでは、出演者4人の“下着トーク”が大暴走。青木崇高は「スポーツブラ、結構好きです」と好みを明かし、若林正恭は「女性とそういう関係になった時にガッカリした…」と嘆く下着体験を告白。「派手で金具がついてそう」と予想されたYOUは自らの下着について反論。いつも本谷有希子から鋭くツッコまれてばかりの若林は、「攻め過ぎず、守り過ぎず、夢がありますね、本谷さんの下着は…」とほめて反撃する。次々と飛び出す下着妄想に、普段は舌鋒鋭い本谷が大困惑。さらに、男性陣が自分の履いている下着についても激白。「テレビでこんなこと話していていいんですかね…」と出演者が思わず心配する脱線“下着トーク”も見どころとなっている。



関連写真

  • 8月22日放送、関西テレビ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ランジェリーデザイナー・栗原菜緒さんに密着(C)関西テレビ
  • 全国の大手百貨店から毎月のように出店依頼が殺到する人気ぶり(C)関西テレビ
  • 商品モデルを選ぶに当たり、最も注目したポイントとは? (C)関西テレビ
  • 8月22日放送、関西テレビ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』より。スタジオ出演者(左から)青木崇高、YOU、本谷有希子、若林正恭(C)関西テレビ

オリコントピックス