• ホーム
  • 映画
  • 『銀魂』実写邦画史上最大規模で中国公開へ “ケタ違い”の館数に福田雄一監督が驚き

『銀魂』実写邦画史上最大規模で中国公開へ “ケタ違い”の館数に福田雄一監督が驚き

 俳優の小栗旬主演で人気漫画を実写化し、ヒット中の映画『銀魂』が、9月1日より中国全土での公開が決定した。館数は8000館、上映スクリーン数は1万2000スクリーン以上(予定)にも上り、実写邦画作品としては史上最大規模での公開となる。

 『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一監督がメガホンをとった同作は、日本では7月14日の公開から8月20日までに興行収入34億8022万4800円、動員は264万4234人を記録した。

 『銀魂』ブランドは中国でも大きな影響力を持ち、実写映画に出演する小栗、菅田将暉橋本環奈長澤まさみ岡田将生堂本剛などキャスト陣が中国での知名度が高いため、劇場公開への要望が多かったという。中国公開にあたり、原作者の空知英秋氏から坂田銀時を描いた原画が贈られ、中国語で「応援宜しくお願い致します」という意味のメッセージも添えられた。

 福田監督は「スクリーン数を聞いて、日本とケタが違いすぎて全く想像がつきませんでした。中国でも『銀魂』は大人気と聞いております。実写版もなんとかご期待に応えられるものになっていることを祈るばかりです」とコメント。

 エグゼクティブプロデューサーの小岩井宏悦氏(ワーナー・ブラザース映画)は「『るろうに剣心』シリーズ、『デスノート』シリーズなどのこれまでのワーナー・ブラザース映画の大ヒット作品と比べてもケタ違い(しかも2ケタ)に大規模な公開です。日本国中に約3400スクリーンしかない中、その4倍近いスクリーンで『銀魂』が上映されると思うとわくわくします。コメディー作品はグローバルに広がりにくいという映画の常識を『銀魂』が覆してくれました!」と喜んでいる。

 アジアでもすでに台湾、シンガポール、ベトナム、タイにおいて大規模で公開され好評を博している。先週には香港で封切られ、以降、フィリピン、インドネシア、マレーシアなどでも続々と公開される。また、アメリカ、ヨーロッパへも広がっており、アメリカ、カナダ、ドイツ、スペイン、オーストラリア、ニュージーランド、中南米でも配給が決定されている。



関連写真

  • 中国全土での公開日が9月1日に決定した映画『銀魂』 (C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会
  • 原作者・空知英秋氏が中国のファンへ向けて贈った原画 (C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会

オリコントピックス