• ホーム
  • 芸能
  • 大河ドラマ『西郷どん』薩摩ことば指導に迫田孝也・田上晃吉を起用

大河ドラマ『西郷どん』薩摩ことば指導に迫田孝也・田上晃吉を起用

 来年、NHKで放送される大河ドラマ『西郷(せご)どん』で、薩摩ことば指導を鹿児島県出身の俳優・迫田孝也田上晃吉が担当することが21日、発表された。迫田といえば、昨年の大河ドラマ『真田丸』で主人公・真田信繁の家臣・矢沢三十郎の熱演が話題を呼び、現在は、同局の『ごごナマ』(月・木曜)にレギュラー出演するなど、幅広く活動している。

 起用理由について制作統括・櫻井賢氏は「昨年の秋。ある食事会で迫田孝也さんと偶然お会いし、迫田さんが鹿児島出身であることを初めて知りました。その時、俳優仲間に愛される迫田さんの人柄に触れ、私はひらめいてしまいました。この方に薩摩ことば指導をお願いしたい、と」。

 オファーを快諾したという迫田は「かごんま出身の迫田孝也の新たなる挑戦じゃ! 地元の鹿児島はもちろんじゃっどん、全国も一緒に盛り上げていっでな!! 皆さま、『西郷どん』の始まりを楽しみにしちょってくいやんせ!」と、ノリノリ。

 一方の田上は、大河ドラマの出演歴も多く、『篤姫』では薩摩藩士・有村雄助を演じたほか、『龍馬伝』では方言指導を経験済み。「大河ドラマ『西郷どん』の方言指導という大役をいただき本当にうれしく光栄です。古き良き故郷の言葉を大切にしつつ『全国の方に伝わる活きた方言を!』をモットーにご指導できるよう努めておりますので、ぜひ薩摩ことばにも注目して楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いいたしもす」と、メッセージを寄せた。

 櫻井氏は「ドラマの方言は、土地の魅力を表現する大きな武器である一方、俳優にとって表現の自由を奪うものです。オファーを快諾して下さった迫田さんは、田上晃吉さんとタッグを組み、慣れない言葉と格闘する俳優チームに寄り添い、“生きた薩摩ことば”があふれる熱い現場を育んで下さっています」と、近況を伝えている。



オリコントピックス